<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カレンダーⅢ

b0008217_10402516.jpg来年のカレンダーの校正が終わりました。
校正箇所の確認が終わったら、印刷が始まります。

いいちゃんの絵は昨年とは少しタッチがかわりました。
私はより優しい絵になったような気がします。

「ワンコ達が可愛くてしょうがないのよ」
そんな感じのする絵。

写真は表紙です。
「文章を入れて下さいね。そのために横をあけたのですから」

みんなで応援しているのだからみんなで作られるようにと、いつもながらのさりげない心遣いです。

昨年は裏表紙にパピーを送り出す思いを書かせていただきましたが、今年は引退犬を迎える時の思いを書かせていただきました。

カレンダーの申し込みは引退犬の部屋で受け付けています。
販売価格:1部 1000円(税・送料込み)  
サイズ:A4版(見開きA3版 上半分がイラスト・下半分に予定が書き込めます)
収益は全て、引退犬の医療・介護支援費として使われ、支援は出身施設を問いません。
b0008217_10452451.jpg

「私の絵が引退した犬たちのためになるなら・・・」
その言葉に今年も甘えてしまいました。
b0008217_10453843.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2006-10-30 10:46 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(11)
b0008217_13414744.jpg
アークエンジェルズが「広島ドッグパーク」の業者「ドッグプロダクション」を告発しました。
関連記事は http://www.news.tss-tv.co.jp/news_html/061027-080.html

うやむやにならないように、見守っていきましょう。


譲渡会では様々な人間模様が展開されたようです。
明らかに業者と思われる人が参加していたり、身分を偽って譲り受けようとしたり、難色を示すと怒鳴り散らす人がいたり、「広島の犬」というブランドを求めてきた人がいたりと、対応する人たちは慎重に時間をかけずにはいられないような状況が多々あったようです。

再びつらい思いをさせたくないという思いで必死なスタッフに心ない言葉を浴びせる人は、それだけで犬たちを譲り受ける資格はないと思います。
「広島の犬」というブランドを求めてきた人はブランドに飽きたら簡単に捨てるのではありませんか?

そのような中、たくさんの犬たちが新しい家族の下に引き取られました。
引き取って下さった方々一人一人にお礼を言いたいです。
ありがとうございます。
どうぞ、どうぞこれからよろしくお願い致します。

まだ、譲渡会に出ることの出来なかった仔達が1日も早く新しい家族に巡り会えますように。

親戚ワンコのオフ会の報告を待っていて下さる方、すみません。
つい、広島のことが気になって・・・。
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-28 13:43 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(14)
b0008217_7434452.jpg
10月21日(土)・22日(日)に開かれた譲渡会で319頭の犬たちが、新しい家族の下に引き取られていきました。
渡された犬たちが2度とつらい目に遭わないようにと身元確認など厳しい面接があったそうです。

一部では「避妊手術もしていない・・・」と報道されたようですが、避妊手術できますか?!
この体力で、マジで避妊手術をなんて言ってるとしたらその人に聞きたいですね。
「手術に耐えられる体力があると思いますか?」と。
ルナの時に言われました。
「もう少し体重を増やして体力を回復しないと無理ですよ。」

家族に迎えて下さった方々は、手術代の負担も承知で引き受けて下さったのだと思います。

そんな中、やはり怪しい人たちもチラホラ見えていたそうです。
もちろんそんな人たちのために厳しい審査があるのですが、よくまあ図々しくも来るものだわ、とある意味感心してしまいました。

多くの犬たちが新しい幸せを求めて旅立ちましたが、まだ100頭を超す犬たちが残っています。
重病など諸事情があるそうですが、その子達にも早く新しい家族に巡り会えますようにと心から願っています。

長丁場の中、大勢のボランティアが頑張ってくださっています。
お疲れ様です。
本当にありがとうございます。

署名運動も25日をもって終わりました。
ご協力下さいました皆様、心からお礼申し上げます。

私の出来ることも、一段落しそうです。
後は、日々祈るばかりです。

「アークエンジェルズ」については何かと批判される方達もいらっしゃるそうです。
でも、いくつかの団体にSOSを出した時にどこの団体も引き受けてくれなかったそうです。
その中でAAだけが動いてくれたのだそうです。
批判をするなら、まず、自分たちが動いてからにして欲しいですね。
私は、その現場で初期から関わり今も頑張っていらっしゃるボランティアの方々の生の声の方を信じています。

今回動いて下さったAAと多くのボランティアの方々にお礼を言いたいです。
ありがとうございます。

み~んな、しあわせにな~~れ~!

「私に出来ることは・・・Ⅴ」でコメントをお寄せ下さいました皆様。
雑事に追われレスが遅れましたことお詫び申し上げます。 m(_ _)m 
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-27 07:51 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(10)
b0008217_2311385.jpg

長い間過酷な状況の中で生きてきた犬たちに、温かく穏やかな日々を過ごさせてやりたい。
「広島ドッグパーク」から救出された犬たち506頭の譲渡会が開かれます。

日時:10月21日(土)・22日(日)
時間:午前10時~午後5時まで
場所:広島ドッグパーク


ダウンしていたアークエンジェルズのHPが復活しました。
大変ショッキングな画像もありますが、生まれて1度も楽しい思いをすることなくこの世を去らなければならなかった犬たちの為にどうぞ見てあげて下さい。

「ひろしまドッグぱーく」関係者に対し「動物愛護法」違反での行政告発と厳罰を求める
嘆願書署名の締め切りが早まりました!!!
10月25日着でお願いします!!


まだ間に合います。
私が遠く離れていても出来ること。
一人でも多くの方に参加していただきたいと思います。

「人間を恨まないで、安らかに成仏してね」と祈りを捧げる人は多いでしょう。
私はこのような時はいつも話しかけます。
「あなた達をこのような目に遭わせた人間を恨みなさい。その人間達にあなた達と同じ苦しみを味わわせてやりなさい。でないと愚かな人間は自分が何をしたのかわからないのだから」

この多くの犬たちは何をしたのですか!
このような目に遭わなければならないようなことをしたのでしょうか!
人間は命というものを粗末にしすぎます!
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-20 23:16 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(15)
親戚ワンコのオフ会in阿蘇Ⅰ

b0008217_1843959.jpg待ちに待った「親戚ワンコのオフ会」が10月7日~9日九州は阿蘇で開かれました。

場所は阿蘇。
お宿は「御宿 小笠原」全室離れ形式の温泉付き。
なんと、わんこの温泉もありました。

今回はオフ会だけではなく、せっかく九州に行くのだから是非サニー&ルナの親元へ母さんわんこや   お祖母ちゃんわんこに会いに行きたい。

そうなんです。
豪華2本立ての目標を持って大阪を出発しました。
しかも、当初は予定になかった兄ちゃんの飛び入り参加です。

と言うことで、7日からのオフ会より1日前に大分に入ることになりました。
行程は犬達のことを考えて、和歌山から徳島へフェリーで渡り、車で四国横断。
四国は愛媛県八幡浜から別府までフェリーを乗り継いでの旅になりました。

6日の午前0時に家を出発です!
ドキドキワクワクの旅の始まりでした。
b0008217_1835962.jpg

10月6日~9日の3泊4日の豪華な旅です。
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-19 18:07 | 親戚ワンコのオフ会 | Comments(4)

もう一つのカレンダー

サニー&ルナの親元とキャリアチェンジボランティアのQパパさんが盲導犬育成の応援のために卓上カレンダーを企画されました。
写真提供はQパパさんでモデルはQちゃんです。

Qパパさんはフォトコンテストで入賞なさるくらいの腕前。
12枚のカレンダーには、どれも表情豊かで活発なQちゃんが登場しますが、私の一押しは
12月です。

12月、この写真には思わず「ウ~ム」とうなりました。
さて、私はこの写真の何を見て「ウ~ム」とうなったのでしょうか。
回答は、お買いあげ下さってお確かめ下さい。(笑)

このカレンダーの企画はお二人ですが、制作は関西盲導犬協会です。
収益は全て盲導犬育成のために寄付されます。

詳しくは以下のホームページでご覧下さい
http://www.tiki-dogfood.com/
http://www.geocities.jp/quench80/index.html
b0008217_1942529.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2006-10-15 19:52 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(7)

アリサ記念日

b0008217_11274691.jpg1年前の今日、アリサは我が家の家族になりました。
雨の降る日でした。

夫も兄ちゃんもサニーもルナもみんな一緒にアリサをお迎えに行きました。
しっぽをブンブン振って迎えてくれたアリサは、住み慣れた町を出るまで窓からじっと別れの挨拶をするように景色を見ていました。

自分の行く末を理解しているかのように振り向きもせずに車に飛び乗った彼女の不安さがその背中に見えるようだったのを今でもはっきりと覚えています。
b0008217_11284965.jpg

それから1年、アリサはサニーやルナとたくさんの経験をしました。
オフ会にも参加し、ワンコ仲間もたくさん出来ました。
そのたびに嬉しい顔が増えていきます。

今年の秋の連休は九州は阿蘇まで遊びに行ってきました。
何ヶ月も前から決まっていた「親戚ワンコのオフ会」です。
そのお話しは、写真の整理が出来たら又書きましょう。


我が家がそのような楽しい時間を過ごしていた間に広島では、ドッグパークでたくさんの犬の死骸が埋められているのが見つかったそうです。

怒りとも悲しみとも表せないものが吹き上げてきます。

人間はそんなに偉いのですか!
他の命を生きるため以外に簡単に奪えるほど偉いのでしょうか。

そんな中、広島からレスキューされてきたワンコを預かりボランティアさんへの引渡しも兼ねて、「広島ドッグパークから来た子たちに会いに来てください!in関東」のオフ会が開かれたそうです。
詳しくはknighthime1さんのブログでお読み下さい。
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-10 11:29 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(22)
「広島ドッグパーク」から救出された犬たちの譲渡会の日が決まりました。

日時:10月21日(土)・22日(日)
時間:午前10時~午後5時まで
場所:広島ドッグパーク


長い間レスキューに関わってこられた皆様、本当にご苦労さまでした。

つらい思いを強いられてきた犬たちに、幸せな日々を送らせてやりたいと心から願っています。

現在、新たに犬を迎え入れることの出来ない私がこのようなお願いをするのは心苦しいのですが、家族として迎えても良いと思われる方がいらっしゃいましたら、是非当日お出かけ下さいますようお願い申し上げます。

b0008217_13152795.jpg


「救え!! 消えゆく小さな命達」http://ark-angels.com/rescue.html
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-05 13:18 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(1)
少し落ち着いてきたら、譲渡会が始まると思います。
つらい時を経験した子は、ともするとトラウマを抱えていることがあります。
ルナもトラウマを抱えていますが、そんなものは家族の愛情でいくらでも克服できると思います。
b0008217_22584653.jpg

トラウマを抱えているのだと理解した上で引き取るのであれば、いくらでも対処できることなのです。
経験者の私が言うのだから間違いない。(笑)

そんな中、tip母さんから再びお便りが届きました。

「広場に居る子たちの、ウンチ掃除をしゃがんでしていたら、足の悪いボルゾイが近づき私の肩にあごをのせました。
セターが2匹 あそぼと甘えて飛びついてきました。
もうちょっとで、この子たちの笑顔が見れます。」

我が家には3頭の犬がいて新しく家族を迎えることは困難なのですが、皆様の中で最期の日まで穏やかな日々を送らせてやりたいと思われる方がありましたら、どうぞ家族の一員として迎えてやって下さい。

以下のHPに情報が載せられると思いますので時々チェックしていただければと思います。
「救え!! 消えゆく小さな命達」http://ark-angels.com/rescue.html
[PR]
by yukiba20 | 2006-10-02 23:02 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん