<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0008217_0301173.jpgおさんぽさんぽには持ってこいの季節なりました~♪
嬉しくて日々なが~い散歩を楽しんでいます。
が、この時季は人出も多い。
特に散歩時間は子連れが多いですね。

毎回変わる目的地までの道中、なるべく人通りの少ない静かな道を選んで歩くことにしているんですが、これが裏目に出ることも多いのですわ~。

きれいに着飾ったお母さんがよちよち歩きの子供と歩いているのにぶつかると悲惨です。
最近のお母さん、子供の手を引いていない方多いです。
しかも、数メートル前をお友達ママとおしゃべりしたり携帯電話を使いながらで子供からまったく目が離れている。

よちよち歩きの子は「わんわん、わんわん♪」と小走りで寄ってくる。
それを見ているお母さん、止めるかと思いきや、見てるだけ。

そりゃ、うちの子は何もしませんよ。
首っ玉にしがみつかれても平気ですが、他の犬もそうだと思われちゃたまらん。

「おかあさん、危ないですよ~」
「・・・、〇〇ちゃん、いらっしゃ~い」
(そんなんで行くかよ!)

ますます、走って近づいてくる。
仕方がないUターン・・・しても付いてくる。
おかあさんは動こうともしないで「〇〇ちゃ~ん」と呼ぶだけ。
揚げ句の果てに「つかまえてくださ~い」

(おいおい、こっちは犬連れだよ!)
b0008217_0393320.jpg
「飛びついたりしたら危ないでしょう!!連れに来てください!」
「飛びつかせないでくれますか~」

(ムカ!そりゃうちの子は飛びつきませんけど、あんたの子やろ!!)

ヨチヨチ歩きの子って、お母さんのいうことなんか聞きませんよ・・・
小走りで付いてくる。
振り切るのは簡単ですが、何かあったら大変!
「あのひとのせいです!!」なんて言われかねない。

だから言いました、大きな声で。

「そこのお母さんに警告しま~す♪よちよち歩きの子供さんの手は離さないでくださ~い♪事故にあってもしりませんよ~~♪犬が飛びついてもしりませんよ~♪」

道行く人は振り返ります。
でも良い、子供の安全の方が大切で何より家の3ワンが大切。

ところが、怖いですね~
すごい目で睨みつけられましたわ。

夜、兄ちゃんに話しましたら「そんなん怪我したかて親が悪いんや、ほっとけよ。何かあっても知ったこっちゃない。そんな親の下に生まれたのが不幸やと諦めな」
b0008217_038281.jpg

でもですね、私、犬と子供大好きなんです・・・

(写真は今回の日記には関係ありません。この子達はいつも「さわって良いですか?」と聞いてから撫でてくれます。)
[PR]
by yukiba20 | 2008-03-30 00:40 | Comments(12)
b0008217_7232227.jpgキィ坊は、とても思い入れのあったワンコです。

実は、このキィ坊とターミ家を繋いだのは何を隠そう私なんですわ。

キィ坊がキャリアチェンジになったと聞いた時に、ふと思ったんです。
「ターミ姉ちゃんに連絡しよう・・・」
かくして、ヘタレのキッドがターミ家の一員となったのです。
まさか、あんな状態だなんて思いもせずに・・・。
(詳しくはターミ姉ちゃんとこで読んでください。)

それで今回はどうあっても会いたかったのです。
会った瞬間に、冒頭で書いたように「思い入れのあった」と過去形になったのです。
そう、もう過去形です。
だって、会ってみたら思い入れとかへったくれとかそんなこと関係ないくらい、ターミ家の僕チンになっていた。
b0008217_7243262.jpg

で、私いろいろやってみました~♪
まず、絶対にしたかった「ほっぺビロ~~ン」です。
パックンチョをする子には怖くてやれないことですが、わ~い!やれた!!
歩こうとする時に後ろ足をつかんでみる。
尻尾をつかんで引っ張ってみる。
お耳を引っ張って、お鼻をつまんで、お口の周りをくるくる触ってみる。
オシリに抱きついて、足の間のトンネルくぐりもしました。
残念なのは写真がないこと、特に「ほっぺビロ~~ン」は惜しいことをしたなぁ。

何をしても「ウ」とも言いませんでした。
パックンチョの動作さえしませんでした。
これって、キィ坊の今がとても幸せで精神が安定しているってことですよね。
b0008217_7254034.jpg

ターミ姉ちゃんが書いていらっしゃったことを思い出します。
「ラブ爺が、『この子じゃ』と送り込んでくるのを待つ」
爺様、キィ坊がそうだったんですか?

キィ坊の白い体に1本黒い毛が生えているそうです。
「これは、爺様との交信アンテナで、爺様はキッドにあれこれ教えてる」そうです。
私もそう思いました。

嬉しくてちょっぴり涙が出そうになったこと。

ターミ姉ちゃんがお風呂に入っていて、ターミ兄ちゃんがお部屋で寝ていた時かな?
キィ坊が部屋の前に張り付いているんです。
「ボクチンもはいりたいでし」

「キッド、キッド、キ~~ッド♪」
「なんでしか~」
トットコと走ってくるんですが、なでなでしていてもすぐに部屋の前に行く。
何回か繰り返しているうちに来なくなりました。
「ボクチンはここで待っているでし・・・」

姉ちゃんが現れた時、本当に嬉しそうでした。
キッドは安住の家族を見つけたのですね。
b0008217_726161.jpg

今回の旅で、私、キィ坊から卒業しました。
もう、ただの親戚ワンコです。
煮て食われようが、焼いて食われようが知ったこっちゃありません。

「よいこは?」
「もっとよいこは?」

ターミ家のお座りと伏せのコマンドです。
なんだか笑えて~♪
b0008217_7264830.jpg

ヘタレでも良い、兄ちゃんになることがあったら弟か妹に守ってもらえよ~。

そして、キィ坊との一件がもう一つの嬉しい出会いを生み出したのですが、それはいずれまた。
[PR]
by yukiba20 | 2008-03-20 07:29 | 親戚ワンコ | Comments(22)
b0008217_71464.jpgログハウス1棟貸しの「オーベルジュドコム・シノワROKKO」では合宿状態です。

ワン6、ヒト6のゆったり合宿。
六甲のお山の中、管理棟から少し下ったところが我々の合宿所。

お山大好きの3ワンは、テンションが上がりっぱなし。
アリばばちゃんもそれなりにハイテンションだったんですが、皆さんにはわかったかな?

ゆったりクラちゃんもオーちゃんとあちこち探検。

甘えん坊キィ坊はどうなのかな?と見ると、嬉しそうな顔であちこち出たり入ったり。
苦手といわれる階段も皆に釣られてドタドタと上ったり降りたり。
最近白内障が進んできたアリばばちゃんは、階段が苦手になりましたが一人はもっといやなので、トタントタンと皆について歩いています。

b0008217_7162331.jpg広いリビングには薪の暖炉がついていました。
ターミ兄ちゃんが火をつけて下さっている間中、野次馬ルナは息子のキィ坊を差し置いて貼り付いて見ています。








b0008217_7173961.jpg
そのキィ坊は、サニーに一喝されてから微妙な距離をとっていたのですが、バタバタしているうちに平気になりました。
「いつも叱られるんじゃないんだ♪」と学習したようです。






b0008217_7202611.jpg発展途上のキィ坊がなんとなく気になるのがルナ。
そう、正しい選択だよ。
遊ぼう、って言ってごらん。

勇気を出して「遊ぼう」って言ったのに・・・
ほらほらがんばれ!
何度かアタックしています。
もう一息なのに、ちょっとオシリにさわったら
「おしりにさわらないで!」と言われちまった。
がんばれ、もう一息、それ行け!
b0008217_723383.jpg
イマイチ押しが弱いキィ坊、ちょっとだけルナを振り向かせることには成功したけれど、ガウガウ遊びにまでは発展しなかったね。
この次ぎ会うときは「ハマのキッド」とかっこよく登場しておくれ。

振り向けばゆったりくつろぐ、クラちゃんと  オーちゃん。
巨大なぬいぐるみと化しておりました~
b0008217_7254071.jpg












b0008217_7275487.jpg
[PR]
by yukiba20 | 2008-03-13 07:30 | 親戚ワンコ | Comments(15)
b0008217_1612694.jpg横浜から、同じお家で生まれた親戚ワンコのキィ坊が関西制覇にやってきました。

ヘタレと呼ばれた見習い期間も過ぎいよいよ本格デビューです。
迎え撃つ関西親戚ワンコは弟分ハウル一家とサニーをボスと仰ぐワンコ一家。
それに参戦するのが広島のクラちゃん&オーちゃん一家

集合場所は兵庫県西宮にあるDaddys'Cafe。
ハマのキィ坊家は若さに任せて夜を徹しての移動でなんと早朝に到着!


ヘタレと二つ名を持つキィ坊のヘタレ度に大いに期待したのですが。
なんと・・・期待はずれ。
立派に成長しつつあるキィ坊になってました。

ターミ姉ちゃんの仕込みか爺様のお達しか、コミュの取り方はイマイチのところはありますが、そこいらのワンコたちよりもずっとずっと良い感じです。
b0008217_16124789.jpg
ご挨拶が終わって、「ほい!」と放り込まれたワンコの中でもそれなりについて歩いている。

いいじゃん、いいじゃん♪

「わん!(人に鼻をくっつけるんじゃないよ!)」
相変わらずサニーは厳しいです。
寄るなと言われりゃ寄らないのがキィ坊の良いところ。

ランでは、ハウル一家のボール投げが始まった。
ボールはハウル家のもの。
でも、ボール大好きなルナはハウたんのボールとって来ました。

「わん、わんわんわん!」
ハウたんの抗議が始まりました。
ハウたん、相手が悪かったね。
「何よ!ガキンチョの癖にあたしに向かって吠えるなんざ生意気な!」
ルナはね、黙っちゃいないのよ。

噛み付くとか喧嘩じゃありませんがヒートアップは避けたいので、とりあえず仲裁しましたが可笑しくって笑っちゃいますわ。
そう、ギャンギャン言うだけ~。
b0008217_1615518.jpg

何があっても動じないのがクラちゃんとアリばばちゃん。
悠然としています。
アリばばちゃんの場合は悠然と言うよりは、うるさいことに巻き込まれたくないだけ。
クラちゃんは本当に悠然としている。

おちびなオーちゃん、だいじょうぶかな?と思ってたのですが流石グレピと暮らしているだけあって大きい子達の間を上手に動き回ってる。
b0008217_16153515.jpg

目力が売りのリム君、キィ坊の伯父さんです。
虎視眈々と狙うのは美味しいもの!

私の大好きなのがチャムおじさん。
シニアワンコ同士、アリばばちゃんとはまんざらでもなさそう?

楽しい時間はあっという間に過ぎて、日帰り組みハウル一家とは「今度は親戚ワンコのオフ会で」を合言葉にお別れです。
b0008217_16163187.jpg

さて、私たち3組は、お泊り先の「オーベルジュドコム・シノワROKKO」へ出発です。
[PR]
by yukiba20 | 2008-03-11 16:18 | 親戚ワンコ | Comments(12)
b0008217_2330032.jpg昨年、多くの皆様にご協力をいただきました「補助犬育成支援と引退犬の医療・介護費支援のためのチャリティーカレンダー」の寄付先と金額が決まりましたのでご報告申し上げます。

(財)栃木盲導犬センター      800,000円
(財)関西盲導犬協会      425,011円
NPO日本サービスドッグ協会    400,000円
社会福祉法人日本ライトハウス  100,000円

以上です。
ご協力に厚くお礼申し上げます。
このお知らせは、チャリティーカレンダーのサイトにも掲載していますので、バナーが貼られているところからもお入りいただいてご確認いただけます。

尚、本年も支援カレンダーの作成を予定しておりますのでよろしくお願いいたします。
b0008217_2331322.jpg

ハーブママさんと3人で初めて作ったカレンダーは「日本ライトハウス盲導犬訓練所」の応援カレンダーでした。
2回目は、引退犬の支援をしているNPO法人「日本サービスドッグ協会」
3回目は、TIKILOVE HOUSEで、寄付対象は複数の施設になりました。
小さな思いつきで始めたことが、こんなに大きな輪に広がっていくなんて思ってもいませんでした。
b0008217_23315738.jpg

絵を描いてくださったいいちゃん、あなたがいなかったら夢で終わっていました。本当にありがとうございます。

何よりも心強かったネットのワン友さんありがとうございました。
働く犬たち・働いてきた犬たちに心を寄せてくださいました皆様ありがとうございました。

遅くなりましたが、ここにご報告できることを深く感謝しています。
ありがとうございました。
[PR]
by yukiba20 | 2008-03-04 23:34 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(28)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん