<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

風邪ひきもまた楽しい

久しぶりも久しぶり、京都に転勤以来11年ぶりに、いや、今年で12年ですね、風邪で三日も寝込んでしまいました。

インフルエンザかって?
よくわかりません。
熱は微熱程度ですが、腰が痛い。
もともと腰痛持ちなので弱いところに出るのでしょうか、寝ていても座っていても立っていても痛くてだるい。
2、3日前から妙に寒気がしていて嫌な感じでした。
頭痛も腹痛も咳もなくただ微熱と何とも言えない腰痛と落ち込むような眠気。

で、逆らわずに寝ることにしました。
そうしたら、寝るわ寝るわ、なんと三日間。
病院もいかずにひたすら寝続けました。
そのうちの1日は14時間眠り続けました。
夜11時にトイレに出して、目が覚めたら翌日の午後1時。
3ワンは、起こしもせずにぴったり寄り添って寝ていました。
b0008217_23465883.jpg

「ごめんよ~」
飛び起きて、トイレに出して、ごはん。
食べさせているうちに、もう眠ったらしい。
目が覚めたら夜。
この日は、散歩も我慢してくれました。

熱もほとんどなく、頭痛も腹痛もなく、咳もでないのにただひたすらに眠い三日間でした。
b0008217_23534223.jpg

今、我が家は、3ワンと私ののんきな暮らし。
父さんはたまに赴任先から帰ってきます。
息子はすぐ近くに住んでいて、週に4日ほど晩御飯を食べに来て泊っていく。

風邪の時期は、みんな出入り禁止にしました。
息子には携帯メールの返事が1日なかったら見に来るようにと言ってありました。

寝ると決めた時に迷ったのはどこで寝るかです。
他に誰もいないから、サニー達の意思が伝えられるようにしておかなければなりません。

いろいろ考えて、もう使わなくなった掛け布団をこの際敷布団代わりにして、リビングに敷きそこで寝ることにしたのです。
3ワンのベッドでL字型に囲むようにして敷きました。
b0008217_23475171.jpg

ゾクゾク寒気がして眠れないときはサニーが布団の中に入ってきて温めてくれます。
どんな暖房器具より暖かくて気持ちよく眠れました。
目が覚めると、ルナもアリサもぴったりと寄り添って眠っている。
もう可愛いったらありゃしません。
(でも、重くて動けない)
b0008217_23481827.jpg

トイレに行って戻ってくると、アリサがちゃっかり布団の中にいたり、腕が痛くて目が覚めると、アリサとサニーのおしりが乗っていたり、ドタバタするので目が覚めたら私の上でサニーとルナが遊んでいたり、なんだかとっても幸せな時間でした。
b0008217_23493321.jpg

普段見ることのない顔の3ワンがそこにありました。
とっても幼顔の甘ったれた顔を見た時に、この子たちは、私が病気で寝込んでいても仕事をしないでそばに寝転んでいる方がうれしいのかもしれない、そう思ったのです。
b0008217_235321.jpg

この暮らしを、病気が悪化するのではないかと思われる方もあるでしょうが、私はそうは思わないのです。
至福の時。
目が覚めてそこに無心の寝顔を見ると「このまま死ねたらどんなに幸せだろう」と思うのです。
b0008217_23462030.jpg

12年目に寝込んだ三日間、最低でしたが最高でした。

風邪ひきもまた楽し♪

結局、病院はいきませんでした。
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-27 23:55 | ただの愛犬家 | Comments(34)

悪性黒色腫12

前回、ちょっと触れていたこと。
恐れていた転移が見られます。
b0008217_7211940.jpg

鼻のところに限局していた腫瘍が動きだしました。
場所は向かって左側の犬歯の歯茎です。

検査はしません。
細胞診もしないことにしました。
直接何かをするなら大きく切り取ることを考えないと、刺激で癌細胞の動きが活発化することが多いそうです。
結果が確認されても、することは今までと同じです。
だから、少しでもリスクは避けたい。

今現在、アリサには何の変化もありません。
正しくはそのように見えますと言うところでしょうか。

相変わらずお腹がすいたとまとわりついています。

病状が急激に進行するのか、相変わらずゆるゆると行くのかわかりません。

これからも私のすることが変わることはないです。
痛みや苦しさがない限り、今のままです。
あぁ、でも、サプリの量を少し増やしてみようと思います。
b0008217_72233.jpg

現在、体重26.4kg。
○○チの様子を見ながら、サプリも食事ももう少し増やしてみようね。
体重は、できればもう少し増やしてやりたいです。
体力維持がまず大切。
アリサ自身に戦う力が必要。

私のできることは、そのお手伝い。

アリサは今とても元気です。
次も、同じ報告ができますように・・・
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-21 07:22 | 悪性黒色腫 | Comments(22)

愛しき多くの命へ

1月17日
忘れえぬ日
早暁の、ドーン!と言う大きな衝撃の中多くの命が失われました

多くの人の命と共に、数えきれない生き物たちが命を失いました

あれから14年
何年たっても、涙せずにはいられません

幸いにも友人知人の中で命を失った人はいませんでした

経験したことのない人たちは言います

「命さえあれば、死んだ気になれば何でもできる」

そういう人もいます
でも、そうでない人もたくさんいることを忘れないでください

愛しいものを亡くして、心を病んでしまった人がいることを
立ち上がりたくても、年齢が経済がそれを阻んでしまうことを
それでも生きていかなければならない人たちがいることを


この日、母が倒れました
筋委縮症でした
3年後、「声も出せず管に繋がれた生は私ではない」と延命処置を拒否して旅立ちました
母は、身をもって生きるということを教えてくれたような気がします

震災の日、多くの命と共に母のことを想います


あなたは、もし自分がそうなった時、人以外のあなたの愛しい命をどうしますか?
そのものと一緒であれば避難所に入れない場合どうしますか?

そういうことも含めて避難を考えなければならない
私はそう思います

サニーもルナもアリサも私の大切な家族なのだから・・・

いつもはぐっすり快眠の私ですが、なぜか17日は寒くて寒くて早暁に目覚めました
あの日と同じ暗い朝でした
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-18 12:06 | ただの愛犬家 | Comments(16)

いぬだいすきなの

いつものお山公園で出会った赤いコートの女の子。
b0008217_23565231.jpg

「わたしって、いぬだ~いすきなの」
そう言ってサニーたちを
「あそぼ、ねぇ、あそぼ」
とさそってくれた可愛い女の子。
b0008217_23573170.jpg

「いぬさん、いぬさん、あそぼうよ」
「・・・」
「あのね、あのね、いぬがあそんでくれないの」
「どうしたらあそんでくれるかなぁ」

「この犬はね、犬さんて言われても自分の名前じゃないからお返事しないのよ」
「なんていうおなまえですか?」
「・・・」
「おしえてくれないよ」

サニー達に向かって一生懸命話しかけてくれました。

「あのね、あのね、わたしのおうちはすぐちかくなの。いまからあそびにこない?」
「あのね、あのね、そこはね、バーバのおうちでね、いまね、バーバのおうちにいるの」

お母さんも、女の子が危なくない限り自由にさせてありました。
b0008217_2359993.jpg

「もう帰るからね。また会おうね。」
b0008217_004613.jpg

お別れを言って帰ろうとすると
「おみおくりしてあげる」
と、ず~っとついてきてくれました。
b0008217_011655.jpg

とても可愛い女の子と、自由にさせてあるけれど、サニー達と遊んでいる時も犬と遊ぶ時にもルールがあることをきちんと話してきかせているお母さん。

幼稚園に通っているそうです。
赤いコートのお嬢さん、また会えたらいいね。
b0008217_014480.jpg

アリサは、いまいち苦手のようで一人でお手紙を読んで歩いていました。
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-14 00:03 | ただの愛犬家 | Comments(12)

突撃今日の晩御飯

今日の晩御飯は、サニーとルナは馬肉で、アリサは牛肉がメイン。
b0008217_8514175.jpg

その他のものは冷蔵庫の整理を兼ねて、葉物はしろ菜、お鍋の中身はトマトとニンジンの煮込み。
トマトはもちろん熱を加えますが、ニンジンは生でもかまいません。
でも、今日は人間もパスタのソースとして使うので煮込みました。
我が家は、犬用にと言うよりヒト&ワンが共有できるものが多いのです。
焼き豆腐の1/4はサラダに使います。
b0008217_852196.jpg

そして、今日のおやつは羊肉がちょっとついている生骨。
カルシウムの補給とストレス解消のため、週1回は生骨のおやつ。
硬くなって消化が悪いから火は通しません。

なぜ朝から準備を言うと、肉を解凍しているのです。
我が家の室温はそんなに高くないので、塊の肉は朝から出しておかないと夕飯に間に合わないのです。
b0008217_853173.jpg

生骨のおやつの日は、朝から大騒ぎで張り付きです。
b0008217_8545950.jpg

しかも、「散歩行こうよ~♪」と誘っても
「これ食べてから~」と出てきません。
庭先でトイレを済ませて駆け戻ります。

今日も張り付いています。
b0008217_8562145.jpg

でも、無駄だよ、帰ってからの楽しみにしようね。
b0008217_8565033.jpg

今から散歩に行ってきます。
今日は天気が悪いなぁ、今小雨が降ってきました。

さぁ、今のうちに行ってこようね~♪
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-10 08:56 | ただの愛犬家 | Comments(17)

千の風に乗って

虹の橋の袂で私の行くのを待っていてくれる子たちが新年のご挨拶に来てくれた。
そんな気がした元旦の朝でした。

新聞を取りに行く時に戸をあけると一陣の風が舞いこんできました。
少しひやりとした風。
さぁっと1度だけ吹き込んだ風。
前や後ろにいた、サニーやルナが、そしていつもはそんな反応を見せないアリサが高鼻でちょっと匂いを嗅いでいた。

ほんの一瞬のことでしたが、私には先に送った子たちが新年の挨拶に来てくれたような気がしました。

いつもとたいして変わらない風景ですが、なんだか特別な朝だったような気がしました。

千の風に乗って、それぞれがあいさつ回りをしているような気がした朝でした。

あの子も、この子も、会ったことはないけれど会いたかったあの子たちもみんなみんな来てくれたような気がします。

「あけましておめでとう。今年もよろしくね」
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-07 09:02 | ただの愛犬家 | Comments(12)

初詣

人出も一段落かな?と出かけた初参りでしたがなかなかの人出でした。
b0008217_958914.jpg
それでも元日とは比べ物にならないくらい静かな境内。
それならば、と我が家にはない門松と共に記念撮影をしました。

3ワンを座らせて写真を撮ろうとしたら、私より先に写真撮っている人が!
(なんで私より先にとるねん!断りもなしに!)
私の前に割り込んで撮る人も。
中には自分の子も一緒に撮ろうと必死の親。
もっとびっくりは、自分も一緒に、家族でと、友人知人にカメラを渡す人も!!

これみんな一言の断りもなしにです。
b0008217_9584514.jpg

迷惑も考えて引き上げようとすると・・・
「いや、動いた!」
「もう、動かさんといてほしいわ~」
「私、撮れた?まだ?もう1回写したいて言うて」
「なんや、ケチやな減るもんやなし」
勝手なこと言い放題です。
(一言の断りもなく勝手に写したのを黙認しただけで「良し」と思っておくれ!)
b0008217_959171.jpg

他にもたくさんワン連れがいたのに、うちが迷惑をかけたような感じがして来年から初参りは
ワンなしですね。
そんなのはさみしいから私もやめようかな。

ワンワン吠える他ワンコがいたり、境内でおしっこするわ、○○チはするわ、おまけに飼い主は○○チを放置して帰るわで、新しい年のスタートはあまり愉快ではありませんでした。

みなさん、せめて初詣の日くらいはマナー守ろうよね。
ばちあたりまっせ。

年頭でなければ、なんぞ言ったかもしれない初詣の日でした。
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-06 10:04 | ただの愛犬家 | Comments(16)
b0008217_0522744.jpg

あ~~、とうとう明けてしまった~
と、新年早々からジタバタと過ごしています。

昨夜ギリギリに送った仕事納めのメールが、今朝は仕事始めのメールとして返ってきました。(アッハッハ~)

だからって?
いやいや、今から年賀状を作ろうかなって思いながら、ブログファミリー&フレンドにはここで
お年賀のご挨拶をさせていただこうと不埒でずぼらなことを思い立った次第で(汗)

次に、アドレスをお持ちの友人知人にはメールでお年賀、なんて(汗・焦)

あぁ、こんなんで良いのか~??
と言いながらそんなことにしちゃった今年。
前途多難かも・・・

だから、神様におすがりに行ってきますね!

と言うことで、改めましてごあいさつを


昨年はたくさんたくさんお世話になり
ありがとうございました
今年もきっとお世話になると思いますので
どうぞよろしくお願いいたします

皆ワン皆様の新しい年が健康で楽しく
幸せいっぱい穏やかに過ごせますよう
心から願っています


今年も楽しいこといっぱいしましょうね~
多くのわんこさんたちと出会えますように~
[PR]
by yukiba20 | 2009-01-01 00:52 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(34)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん