<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

老いた子の瞳は優しくて

ここのところ立て続けに知り合いのわんこさんが亡くなりました。
老衰であったり、病気であったり、さまざまです。

老犬と暮らすと宣言してから、出産の便りはほとんど届かなくなり、その代りに訃報が届く。
ちょっと寂しい・・・
ものすごく寂しい。
覚悟してたけれど寂しいです。

幼いころは何にでも興味を示して、キラキラと輝くような瞳だった。
成犬になってからは、時にはいたずらっ子のように、時には思慮深く、さまざまな変化を見せてくれた瞳。
老いて、その瞳は何かを懐かしむように穏やかで、時には鈍い光を湛えている。

その穏やかな瞳が、天国に近くなったときにはさらに、いっそう優しくなる。
私たちに介護の辛さを忘れさせるほどに・・・。

私は、この瞳に魅せられて老犬と暮らす道を選んだのかもしれない。

アリサ、まだまだ優しい眼差しはいらないからね。
「わたしは、ここで寝たいの!」
「今はお散歩気分でないのじゃ!」
「はやくごはん!!」
わがままいっぱいでいておくれ。

そう言っている方が、虹の橋の住民たちは
「アリばばちゃんは、うるさいからまだ呼ばないでおこうね」
って思ってくれるかもしれないもの。

ユキは天国に近くなった時、こんなにやさしい瞳で見てくれていました。
b0008217_10361662.jpg


アリばばちゃん、こんなんです。
b0008217_10364236.jpg

まだまだですよね。
[PR]
by yukiba20 | 2009-04-29 10:37 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(24)

悪性黒色腫14

癌宣告から9か月が過ぎました。
ほんのわずかですが、大きくなっている。
獣医にそう告げると、「9か月でこれだったらまだまだ生きられますよ」と言われました。
b0008217_23121659.jpg

まだまだ生きられる。
いつまでくい止めてやれるのだろうか。
アリサの体力が衰えたら、一気に増殖するのか。
胸の奥の方でドキリとするものがありました。
b0008217_23154221.jpg

夜、アリサのサニーのルナの寝顔を見ていると、この子たちってそんなことなんか全然考えていないんだろうなって思います。

ご飯を食べて、散歩して、遊んで、寝て・・・
病気だとか、死ぬかもしれないなんて全然考えていなくって、体調が悪ければじっと寝ていて、不安な時は「母さんここにいて」と訴えて、そばにいて話しかけているだけで、なでているだけで満足してくれる。
b0008217_23171119.jpg

アリサとても元気です。
血液検査の結果も問題なし。

なのに、ふと不安になったのは、自分の持病が一番動く春だからでしょうか。

多くの闘病中のわんこさん、爺さん・婆さんワンコさん。
春の日は思う存分日光浴をして、免疫力と元気力高めましょうね~。

あ、でも、苦しくなるまで日光浴しちゃだめよ(^^)
b0008217_23174259.jpg

GWは出かけなかったはずの我が家は、アリばばちゃんが元気な間にいろいろなところに一緒に行きたくて、30日~2日の2泊3日で、親戚ワンコのリム・ハウたんの母さんから教えていただいた乗鞍の「陽だまり」へ行きま~す♪
[PR]
by yukiba20 | 2009-04-25 23:19 | 悪性黒色腫 | Comments(21)

悪性リンパ腫について

ブログを通じてお知り合いになったワンコさんが悪性リンパ腫になりました。

我が家の3代目も悪性リンパ腫だったのですが、その頃に比べると格段に治療法が変わって来ています。

悪性リンパ腫の治療法や投薬、サプリ、禁忌など教えていただけないでしょうか。

もちろん私も勉強しますが、実際に闘病生活を送られた方、情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非、教えていただきたくお願いいたします。
b0008217_21515244.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2009-04-15 21:51 | ただの愛犬家 | Comments(18)

てやんでぇボランティア

「引退犬を引き取る人は経済的に余裕があるから、支援なんていらないんですよ~。」
と、どこかのボランティアが公言していて、

「そうなのか~、じゃぁ引退したうちの子のことは安心じゃぁ」
とお気楽な事を言っているユーザーがいると聞いた時にゃ、

「何をぬかすか、あほたれが。そんなこと言っていたらうちなんか引退犬と暮らせやぁせんわい!あほなことを言うボランティア出てこんかい!!」
と本気で怒ったものです。

言うなら
「うちはお金持ちで要りませんから必要なところに支援してあげてください」
でしょ!
b0008217_1391455.jpg

ボランティアがボランティアの首を絞めてどないすんねん、あほたれが!!
[PR]
by yukiba20 | 2009-04-12 13:10 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(22)
犬達はさまざまな理由で引退してきます。
多くは老齢のため。
中には病気であったり、怪我であったり、不幸にしてユーザーが病気や亡くなられるなど、本当に様々な訳があります。

不幸にして、余命いくばくもなく引退してきた犬を引き取る家族の葛藤ははかり知れません。

引き取った家族の多くは、「この子にいったい何をしてやれば良いのか・・・。何をしてやれるのだろうか・・・。」と悩みます。
b0008217_15274471.jpg

本当は、引き取ってくださった家族がもうその答えを出していらっしゃるのに・・・。

「何もできないから、私たちはただ可愛がって暮らして行くだけなんです」
それがすべて。
b0008217_1528151.jpg

引退犬ボランティアは、ずっと働いてきた、そのたびに家族を替えざるを得なかった犬達の最後の家族。

もう決してどこにもいかなくて良い。
最期の日までいっしょにいられる。
たとえそれがほんの短い間であっても、ただの犬としての日々を共に暮らす。
それが、引退犬の家族。
b0008217_15285340.jpg

「いくばくもない余命であっても、悲しみも憤りも、迷いも悩みもすべてを飲み込んで、最後の家族として最期の日まで笑って共に生きる」

これぞ引退犬ボランティアの心意気!な~んてね

何もできないって?
いいえ、あなたは今、ともに暮らすと言う最高のことをしてますよ。
自信を持って!
b0008217_1531273.jpg

それで良いのよ、引退犬ボランティア。

無責任でしょうかね~(^^;)
[PR]
by yukiba20 | 2009-04-10 15:32 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(15)

おもちゃだホイ

以前ターミ姉ちゃんのところで見たおもちゃ、黄色いブツが気になってしょうがなかったワンコ家は、DOGLABさんにメールしました。
「黄色いブツってなんですか?」
「ラッパです」

で、買ってしまいました。

ついでに、ニワトリさんといろいろな声の出る頑丈なボールも。
ボールは頑丈な、と言うのが気に入って買いました~。

待ちに待ったおもちゃがとうちゃ~く!
b0008217_1523992.jpg

b0008217_15241083.jpg

b0008217_15243942.jpg

b0008217_1526291.jpg

b0008217_1526394.jpg

b0008217_15272932.jpg

b0008217_15322251.jpg

b0008217_15285153.jpg

にいちゃんもやってきました~♪
でも、今日は「にいちゃ~ん♪」のお出迎えはナシ。
おもちゃの取り合いで夢中。
b0008217_15341077.jpg

やっと取り返したのもつかの間、あっという間ににいちゃんに取り上げられてしまった。
b0008217_1539342.jpg

b0008217_15393852.jpg

b0008217_15344790.jpg

b0008217_15352977.jpg

今回のおもちゃ、にいちゃんも私も気に入りましたよ~。
ていうか、ワンズ以上に遊んでしまったのだ!
b0008217_15362442.jpg

面白いんだけどうるさい!
でも、面白い!!

コケコッコー♪
パッパラパ~♪
ガーオ!!
ワンワン!!
それからそれから・・・いっぱ~いの鳴き声が家じゅう鳴り響いていました。
b0008217_15401456.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2009-04-06 15:41 | ただの愛犬家 | Comments(14)

ご近所ネタ(事故編)

GWを過ぎたころから気温が上がり、アリばばちゃんがあまり歩きたがらなくなりますので、この時期は晴れてさえいればフラフラ歩きまわるワンコ家です。

今日もあちこち休憩しながら歩いていました。
「今日は静かに過ごしたいね~」
そう言いながら、アリサが元気で迎えられた春の日の記念写真を撮りながら、子供たちのいない公園をゆるゆると歩いていました。
b0008217_13202216.jpg

帰りのコース最後の公園で記念撮影をしていた時です。

3ワンをダウンさせてデジカメの準備をしているのを、信号待ちの車の中からおじさんが見ていました。

(そのまま発進すると溝に落ちるよ~)
そう思いながら写真を撮っていると
「あぁ~~!!!」
花壇の世話をしていた人達の声が・・・

振り向くと・・・落ちてました。
b0008217_132131.jpg

前輪を落として傾いた車の中から笑いながらおじさんが出てきます。
「いや~、そこの犬達にみとれとってなぁ~、ワハハ~」

思わず、「すみませ~ん」

「いやいや、あんたのせいやない」

(そうだよね~)

おじさん、溝にはまったくらいですんで良かったけれど、わき見運転は危険ですから。
[PR]
by yukiba20 | 2009-04-01 13:26 | ただの愛犬家 | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん