<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1日1回は(私の場合)

私だって1日1回はあるんですよ、ギュ~って抱きしめたい時。

いつしたいなんて、アリババちゃんと一緒で決まってません。
したい時にしたいのよ。

寝顔を見てる時、突如ギュ~ッとすると、ちらっと眼を開けますが
「あ~、かあさんか」ってな感じでそのまま寝ています。
これは3ワンとも同じです。
だから気のすむまで抱きついている。

起きている時に、ギュ~っとすると・・・

サニーは「ゲ!」と言うような顔をして体をよじる。
それでも離さないと、ベロ~ンと顔を舐めてきます。
1回2回は耐えますが、耐えきれずに手を緩めると「あ~、やれやれ」と言うようにマットへ。

ルナは、無表情でじっとしてる。
いつまでもじ~っとしてる。
手を離すと、サニーに飛びついてガウガウするんです。
まるで八つ当たりみたいに・・・
「もう、かあさんってめっちゃうっと~しいのでし!!」

極め付きはアリババちゃん。
両手をつっぱって「いやったらいやなの!」
たま~に、ホントにたま~に、「ま、いいか」がある。

あんたたちさ~
いっつも、「なでて~♪」とか「ギュッして~♪」ってくる時は、ちゃ~んと撫でてあげるじゃない。
たまに母さんが、ギュ~!してもいいじゃない。
そう思いませんか。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-29 00:43 | ただの愛犬家 | Comments(16)
b0008217_225331.jpgアリババちゃんの場合は、わかりにくいんですわ。
と言うより、1日1回ではないんですね。

ちょこちょこやって来るんです。
ちょこちょこやって来て、「ほい、なでれ~」。

よっしゃと撫で始めると、ものの1分も経たないうちに「あ、どうも~」と去っていく。
だからといって無視すると、撫でるまで「なでれ~、なでれ~」と催促する。

日に何回かある時もあれば1回だけの場合もある。
わかりにくいんですわ、アリババちゃん。



でも、これってすごい進歩なんです。
来た当初は、触られるのをあまり好みませんでした。
あ、ユーザーが冷たかったと言うのではありませんよ。
ユーザーは良く撫でていましたが、盲導犬は他の人に無暗に触らないようにと言われているのと、アリサは仕事中に、心ない人たちのせいで嫌な思いもしているんです。

だから、あまりヒトの手は好きじゃなかったんです。
それを、にいちゃんと二人で暇さえあれば撫でて触ってを繰り返したおかげで、今は「あたしの撫でほしい時はいつでも撫でておくれ」になっちゃった。

そう、「アリサの撫でてほしい時いつでも」なんですわ。

でもね、アリサも寝る時は私と一緒なんです。
ただし、サニーに遠慮して足下なんですがね。
b0008217_2265254.jpg

日中はソファにこだわるくせに夜は・・・うふふ、なんですよ~。

アリサは「1日数回の満足♪」なんです。
他の子たちの1回分を数回に分けてるのかな?
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-27 22:09 | ただの愛犬家 | Comments(12)
パピーウォーカーの下で溢れるような愛情で育ったサニーは、人に対する不信感は、まったくと言っていいほどないように思われます。
ヒトの手の優しさを充分に知っているサニーの場合は、のべつ幕なしに撫でていてほしいのだけれど、誰かが割り込んできてもそれはそれで、撫でてもらえなくても平気。
b0008217_2214377.jpg

でも、そのサニーにも絶対に譲れないものもある。
それは、「寝る時は絶対に母さんと一緒」なのです。

日中は、何をしていようが、誰をかまっていようが、平気です。
そのかわり、寝る時は絶対に自分と、って決めている。

寝る準備をしていると、横でじっと待っている。
背中全体をぴったりとつけて、腕枕のようなかたちに手を置いたその中に頭をくっつけるようにして眠る。
b0008217_22165767.jpg

サニーは、良くできた子だと思っています。
次から次に新しいワンコが家族になっても不平も言わずちゃんと受け入れてくれる。
深い愛情の中で育ち、しかも盲導犬にならなかったおかげで世間の荒波も知らない。
そんなサニーにもある「1日1回の満足♪」はこの時なんだね。

「サニー、だ~いすき。あんたがいてくれるから皆がしあわせだよ」って囁きながら寝る。

これは、サニーの「ラストダンス」なのかもしれない。

はい、私はワンズと一緒に寝ています。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-26 22:17 | ただの愛犬家 | Comments(6)
b0008217_10294469.jpg最近気づいたことがあります。
と言うか、漠然とそうなのかなぁとは思っていましたが、その気になって見ているとやっぱりねぇ、と言うことがあります。

それは、「1日1回の満足♪」らしい。

いちばん顕著なのがルナです。
そして、いちばんランダムなのもルナですが・・・。

それは、唐突に始まります。
すごく真面目な表情ですぐそばに座ります。(正面が一番多いですが)
そして、おもむろに手を出してきます。
どこでも良い、触れたところにじっと手を置く。
じ~っと、真面目な顔で少し目をそらせて座ってます。
気づかないふりをしてると、じっと見つめて、手で「ポン」と合図する。
「なでてよ~」
よしよし、と片手で撫でていると、両手をかけてくる。
片手ではだめなんです、両手で顔から頭をゆっくり何度も撫でているとくるりと後ろを向きます。
首から背中から尻尾の先まで触ってほしい。
尻尾忘れるんですよ、時々。
すると、くるりと回って「もう1度」。
気づかないと、またくるりと回って「はい、やり直し」。

しっぽまで撫でると膝に座ってくるので、胸を抱えるように抱く。
「良い子だね~、ルナは最高に良い子だよ~♪」
そう言うと、くるりとお腹を見せて、足をけり上げて遊びに誘う。
さんざん遊んだ仕上げは、おもちゃの引っ張りっこ&レトリーブでおしまい。
b0008217_10312090.jpg

忙しい時に忘れると、いつまでも足にしがみついてまとわりつくので、これはルナの「満足」らしいと、今頃ようやく気付きました。(遅い!ちゅうねん)

で、この時に基本の動作の繰り返しをすると、超効果的です。
「シット」
「ウェイト」
「ダウン」
「カム」
そして、忘れていけないのは「グ~ッド♪」

この時の写真が撮れないのがとても残念ですわ。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-25 10:33 | ただの愛犬家 | Comments(4)

チームM

3ワンまとめて紹介する時に「チームMです」と言っています。
簡単で、ちょっとかっこいいでしょ。
b0008217_9392265.jpg

その「チームM」の看板とロゴを作ってもらいました。
b0008217_9395428.jpg

看板の方は、クウガママさんのオット~さんに作っていただきました。
どうです!
それぞれの特徴がちゃんととらえられている3ワン。
大のお気に入り、私の宝物です。
どこにもない我が家だけの、オーダーメイドの看板です。

そして、ロゴはいいちゃんにお願いしました。
こちらの方も、ちゃんとお仕事としてお願いしましたから、これを使って自由に「マイグッズ」をつくることもできます。
で、まず作ったのがTシャツと名刺。
b0008217_9402225.jpg

お仕事の時に、今はセーターの上に重ね着をして行くのですが、なかなか好評。
名刺は、両面使って普通の名刺らしくないのをつくりました。
これが、Tシャツ以上に好評なんですわ。
学校へ行くと子供たちに大人気だったので、3ワンの名前&紹介でも作りました。

作りたいものいっぱいあります。
まぁ、ボチボチ増やしていこうと思います。

「チームM」
うふふ♪
なんだかちょっと嬉しい。

わたし?
私は、チームMのパシリです。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-22 09:47 | ただの愛犬家 | Comments(18)
「2009年 親戚犬ワンコオフ会in滋賀」で、テトっ子のドナちゃんのママにわんこマッサージを少しだけ教えていただきました。
そう、ドナちゃんのママさんはマッサージの先生なのです。

と~っても気持ちよさそうなアリサを見ていて、是非教えていただきたいと思っていましたら、ラスラママさんとティンクの母さんが、幹事をかって出て下さって実現しま~す♪

お知らせは、以下のとおりです。

親戚ワンコ優先ですが、今回はTIKILOVEに縁のつながる方であればOKだそうです。

もう、申し込みがあるそうなのでお早めにどうぞ~。
---------------------------------------
「愛犬のためのドッグマッサージ講習会」
去年の親戚オフミ@土山で ワンコのマッサージをご披露してく ださったドナママさんに、ぜひもっと色々教えてい ただきたいという願いから、今回の講習会を企画させていただき ました。
実際に自分たちのワンコに全身マッサージをしながら 直接ご指 導いただける、そんな貴重な体験をしたいと思います。
日頃走り回っている子もこれから高齢を迎える子も、「愛犬健康 管理」のためのボディマッサージを少しでも覚えてみませんか?
ビーチカフェ「くつろぎ」さんの協力で広々とした2階スペース を貸しきりにして ゆったりと教えていただけます。
講習会の後は、美味しい飲み物とケーキで楽しく質問やお話がで きればと考えております。
ぜひご参加ください。
遠方よりお越しの場合は「くつろぎ」にて前泊できますので、お 問い合せください。

※ 日程    3月22日(月) 祝日   午後1時より4時
         講習と実技指導 2時間程度&講習会後 に質問ティータイム 1時間程度

※ 場所    ビーチカフェ「くつろぎ」2階 
         滋賀県野洲市菖蒲262-160 Tel (077)589-6858            
           

※ 参加費  講習会費 各家族 3500円 & ティー セット(飲み物とケーキ) おひとり様1500円(ご参加人数分)

※ 募集人数 10家族程度(先着順、定員になり次第締め 切らせていただきます)

【今回の講習会は全身マッサージを教えていただきますので、全 身を触られても大丈夫なワンコのご家族に限らせて頂きます】 
【持病があったりケガの回復途中のわんちゃんは必ず獣医さんに ご相談してご参加ください】
【発情中、生後6ヶ月未満のわんちゃんはご遠慮ください】
【マッサージ実技対象のわんちゃんは 各家族1頭にお願いいた します】


※ 持ち物    マッサージ実技を教えていただきますので、 床に敷くシートをお持ちください。
          また各自筆記用具をお持ちください。
           
※お申し込み先  こちらのブログのコメント欄に非公開でお申し込みください
       
           ・参加者氏名、参加人数
           ・ワンコの名前、年齢
           ・連絡先メールアドレス
            
           折り返しメールにて参加確認を送らせて いただきます。

【当日レッスン内容】

■講義
・スウェーデン式ドッグマッサージについて
・ドッグマッサージの効用を知る
・マッサージする前に注意すること

■実技
・基本の手技
・マッサージの順番
・背中から順にフルボディの実習
繰り返し練習、チェックしていきます。


当日アシスタントとしてティナママさんにもご参加い ただきます。

当日は2階部分のみ貸し切りの為、階下に他のお客様がいらっ しゃる可能性があります。

ドッグラン等は 随時ご自由にお使い下さい。
琵琶湖への散歩等は くつろぎスタッフに一声かけてお出かけ下さい。
キャンセルは3日前までにお願いします。
会費等は当日受付にてお支払いください。

幹事 ティンクの母さん・ラスラママ
    
協力 ビーチカフェ「くつろぎ」
---------------------------------

わたし、いつも思うんですよね。
親戚ワンコさんって、幹事の押し付け合いなんかないんです。
今回のように手を挙げて下さったり、お願いすると快く引き受けて下さる。
もちろん、お手伝いをお願いされた方も快く応じる。

だから、とても心地よい。
集まっても楽しい。
今はネットの時代だから遠く離れていてもできるお手伝いはいっぱいある。

今回の、講習会も言って見れば「親戚ワンコのミニオフ会」。
TIKIっ子の家族で良かった~♪
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-18 09:27 | 親戚ワンコ | Comments(4)

あの日

今年も巡ってきた「あの日」。

あの日は、どんな天候だったのだろう。
ふと思いました。
もちろん、気象記録を見れば一目瞭然なのはわかっています。

でも、私の記憶にない。
もう忘れたのか、憶えていないのか、それすら定かではないのです。
ただ、あの日の天候が思い出せない。

まだ、暗い中「ドーン」という大きな音で目を覚まし、少し遅れてやってきた激しい揺れに、家が壊れるのではないかという不安ははっきりと覚えているのです。

そのあとは、ただひたすらあちこちに電話をし、合間にニュースを見、被害状況が刻々と伝わる中で不安が増大していった。

ある時を境に電話が通じなくなり、ニュースが伝える状況は、悲惨という単純な言葉では言い表せなくなっていた。

近隣の状況を確認するために、外には出たはずなのだけれど、はっきりとは憶えていないけれど、ただ、雨は降っていなかったように思う。
少なくとも神戸には降っていなかったのではないか?
もし雨が降っていたら、火災もあれだけ広がらなかったのでは?
あぁ、でも火の勢いが強いと多少の雨では焼け石に水なのか?

記憶が飛ぶということはこういうことなのでしょうか。
それほどのことだったのだと、あらためて思います。

あの時に幼かった子が、親になっていたり、成人してそれぞれの道を歩いている。
テレビのインタビューでは、「命を大切にしたい」と応え、「助けてもらった恩返しを」と国内外のボランティアに参加している。

被災地が支援を呼び掛けると、いちばん先に応えてくれるのが同じ被災地であると報道していました。
「物の多少、金額の問題ではなく、その気持ちが嬉しくて」と被災地の人は話していました。
(あぁ、人間捨てたもんじゃないなぁ。)

「あの日」、私にとっては「母が倒れた日」。
「あの日の今日」、ハイチでは多くの人が救援を待っています。

皆さんの「あの日」はどんな日だったのでしょう。

「あの日の今日」が、どうぞ幸せで穏やかな日でありますように。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-17 12:09 | ただの愛犬家 | Comments(12)
セミナーの後、ラナっ子に会いに行きました。
冬の夜は早くやってきます。
あっという間に暗くなりましたが、それでも行ってきましたよ~。

到着するとお迎えに出て来てくれたのはママ軍団です。
夕闇の中、白いラナちゃんはわかるけれど、茶色いパーム&チースママは見ただけではわからな~い。

でもですね、わかっちゃったんですよ~♪
なんでって?
それは手触り&すり寄ってくるしぐさです。
パームママはサニーと良く似てる。
鼻の使い方、背中の感じがそっくり!
チースママはルナのくねくねと体をくねらせるように寄ってくるのが一緒!
手触りもルナの方が少しほっそりしていますが同じなのです。

わ~いわ~い♪と大歓迎してくれたのがと~っても嬉しかった。

おちびは、産室で「ごはんごはんごはん」と言っている。
ドアを開けると、短い足でウンショウンショと出てくる。
b0008217_2392848.jpg

可愛い~~~♪
b0008217_23105633.jpg

ウンチをして、チーをして
「かあさんじゃないにおい~」とわらわらと寄って来てかじかじする。
b0008217_23121665.jpg

ヒトの赤ちゃんも手に触るものなんでも口に持っていくけれど、赤ちゃんと言うのはみんなまずお口で確かめるんだね~。
b0008217_23112818.jpg

で、見つけちゃったんです。
うちの子にするならこの子~♪を。
ホンワカ~、のんびり~の優しい目をした男の子でした。
う~ん、可愛い!!
この子はどんな子に成長するのか楽しみです。
でも、うちの子にはなりません。
b0008217_23125779.jpg

どこの子になるかって?
決まっていません。
女の子は決まっているのですが、おチビを待っていたご家族の家庭の状況に変化があって迎えられなくなったそうで、今は新しいご家族が現れるのを待っているところです。
もし、家族として迎えても・・・と思われるようでしたらこちらをご覧ください。
b0008217_2314524.jpg

翌日は、大宰府へ寄って帰ろうと思っていたのですが、電車が小倉に近づくにつれて3ワンに会いたくてたまらなくなって、小倉で飛び降りてさっさと帰っちゃいました。
うちの子そっくりなママたちに会って、可愛いパピーに会ったからでしょうかね~。

ワンの話をすると止まらなくなるTIKILOVE母さんと私。
また、大分にお勉強に、ワンの話をしに行きますのでよろしくで~す。

今日、にいちゃんが来たのでパピーの話をしたら、「子犬がきたらルナはしっかりするかな~」ですって。
それって、いてもいいってこと?

そんなこと言うと、シニアと暮らすって決めているのに、もう1度子育てをしたくなるじゃない、ね~。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-14 23:20 | ただの愛犬家 | Comments(18)
えぇ!大分まで行くの!!
って、友人に言われちゃいましたが、今回は色々な目的があったのと本村伸子先生の「ガン」のお話と直子先生の「心」のお話だったから何もかもほったらかして行ってきました。

それとそれとね、大きな声で言えないからちょこっと書いちゃいますが、TIKILOVE母さんは本村姉妹先生とお友達なので、もしかしたら、いつもとちょっと違うかも・・・なんて下心付きでした。

大人数の関西セミナーとは違ってこじんまりとアットホームなセミナー。
心なしか先生の表情が緩やか。
一緒に来ていた、コト君とムギさんもお話の間にごあいさつに回ってくれました。
私のところにも、「遠いところからよう来たね♪」って来てくれましたよ~。

いつものごとく、セミナーの内容は書けませんが、私の中の「なぜ?」が「納得~♪」に変化。
サニーやルナはもちろん、ガン患畜のアリサでもできること、した方がいいことも教えていただきました。
(TIKILOVE母さんとは、私たちも実行した方がよさそうだからワンズにしているときは自分たちもしようね♪と約束しました。母さん、覚えていますか~)

犬たちの節目も教えていただきました。
8歳・10歳・13歳が色々な意味で節目になるそうです。

ヒトで言えば、更年期・還暦・喜寿にあたりそうな年齢です。
うちで言えばサニーが8歳。
そう言われれば、白髪が目立ち始め、あちこちが・・・。
サニー、お互い年相応には生きていたいからちょこっとだけ頑張ろうね。

アリサは、このセミナーの後、新しいハーブにトライしてみることにしました。

心のお話は、ワンコ食事の実演などで時間が押せ押せになっちゃいましたが、その分とても印象に残りました。

このセミナーでの楽しみは親戚ワンコのスマイル君に会えることもありました。

スマイル君は、ラスラ君に良く似てるかな?
ふとした表情がカイパパにもそっくり(写真でしか知らないのですが・・・)
でっかいくせに、お人よし(お犬よし?)のかわいいやつ~、って言うのが印象です。
b0008217_15474151.jpg

ボール投げをすると普通は飼い主のところに戻るのに、投げた人(この場合はわたしで~す)のところに持ってくる。
誰が投げたか、ちゃんとわかってるんだね~。
かしこ~い!!
時間があればいつまでもいつまでも遊んでいたかったなぁ。
b0008217_15505086.jpg

スマイルく~ん、関西に遠征しないか~い。
関西おばはんは、また大分に行きたいぞ~!!

ブログを読んでくださっていると言う方にもお会いできました、が、粗忽者で照れ屋の私は舞い上がってしまってお名前をお聞きするのすっかり忘れていました。
すみません!!

お世話いただいた、ゆっきんママさんありがとうございました。
次はゆっくりお話したいですね~。

今、ちょっと興奮状態なので「また、大分セミナーに参加する!」と息巻いています。
もちろんそのためには、せっせと仕事をして旅費を貯めなければならないのですが(笑)
行きたい所へ行くために、犬たちにできるだけのことをしてやりたいがために、今日もせっせとお仕事をするワタクシであります。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-12 15:51 | ただの愛犬家 | Comments(12)
大分へ~Ⅰ

年明け早々に大分に行ってきました。
目的は、2プラス1

2は、大分で開かれるTIKI主催の本村先生のセミナー。
今回は「ガン」のお話でぜひ参加したかった。
もう一つは、TIKILOVE HOUSEのおチビちゃんに会う~♪
プラス1は、引退犬ボラ仲間のSATOさんに会いたい。

プラス1のSATOさんに会いたい、は、会いたいどころか、駅までお迎えに来てくださってお昼もセミナーもチビちゃんの面会も、フルコースでお付き合いいただき、しゃべりまくりました。

SATOさんとは長いお付き合い(?)にもかかわらず、お会いするのは初めて。
ブログのイメージを崩さないように(どんなやねん!)と、電車を降りるまでは思っていましたが、改札で会ったとたんにそんなこと吹っ飛んじゃいました。(汗)

ゼファー君のことイアン君のこといっぱい話しました。

ゼファー君足を悪くして引退してきました。
そして、ちょっとおデブさんだそうです(お前には言われたくない!ってか?)
少し体重を減らして足への負担を軽くしてあげたいと、そんなゼファー君が可愛くて愛しくてたまらないと話していらっしゃいました。

イアン君はユーザーが亡くなって、4歳という若さでの引退で、SATOさんのお宅にしばらく居候していたのです。
そのイアン君は、前日に、大分にできたという老人ホームに隣接する老犬ホーム「りあん」に引き取られていきました。
テレビ取材まで入っての大々的な引退セレモニーだったようです。
大分地方の方、もしかしたらニュースとか何かに放映されるかされたかも。

このホームは、イアン君が第1号です。
だから、ちょっと心配なのは寂しくないかなぁって言うこと。
まだまだ若ものだから、老人ホームのお手伝いなんかできるようになるかもしれないね。
りあんの皆様、イアン君のことどうぞよろしくお願いいたします。

イアン君地方の方、よかったら訪ねてあげて下さい。
きっと喜ぶと思いますよ。

SATOさん、ほんのしばらくでもいっしょだった子がいなくなるのって寂しいよね。
ゼファー君にしがみついて寂しいようって、別れを惜しんであげて下さい。

イアン君のこと見守っていこうね。
きっと、幸せになるよ。

SATOさん、沢山沢山お世話になり、ありがとうございました。
[PR]
by yukiba20 | 2010-01-12 00:38 | ただの愛犬家 | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん