<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年の瀬に

2010年も終わろうとしています。
今年は1月と11月に大きい兄ちゃんの引っ越しがあって、シングル兄ちゃんの応援に駆り出されて大阪・福井・静岡とぐるぐる回った1年でした。

兄ちゃんがいる間に東海地方遠征に行く予定だった我が家の予定は大幅に変更を余儀なくされちゃったね~。

サニーは、この1年、前半は関節痛に悩まされましたが、気が付けば普通に生活できるようになっていたし、本当は股関節に問題のあるはずのルナは「言われてもわからんね~」と言うくらい。
私はレントゲンとって調べたいんだけれど、医師には、今必要がなければ1回でも被爆は少ない方が良いと言われ断念。

アリサは、おかげさまで、この1年とても元気に過ごせました。
今日は、今年最後のお山公園に行ってきたのですが、ワン仲間に「アーちゃん、お鼻の小さくなったね~。すご~い!」と言っていただけました。
ビッグバンの後、ディットンクリームのおかげで小さくなったのです。

皆さんに見守られて、お空の皆に守られて、今年も無事に過ごせました。
ありがとうございます。

でも、腹立たしいこともありました。
思い出せば瞬間湯沸かし器よりも早く、怒りが沸騰して爆発しそう。
一応の解決は見たようなものの、なんだか??の多い結末でした。

楽しいことはいっぱいありました。

この1年は、楽しいこと、良いことがいっぱいあったのに、たった一つの嫌なことで±0です。
それでも0になって良かったです。

寂しいのはお友達ワンコさんが、お知り合いワンコさんが虹の橋へ行ってしまったことです。
今年は、虹の橋行きの臨時バスの回数が多かったように感じられました。
今別れても、いつか又きっと会えるよね。
b0008217_2348873.jpg

公園で出会う子供たち、お父さんやお母さんたち、花壇の手入れをしてくださるボランティアのおじさんおばさん、朝の会のおっちゃんたち、そして、遊んでくれたメイちゃんはじめワンコたち。
3ワンを可愛がってくださってありがとうございます。
b0008217_23485648.jpg

3ワンと遊んでくれてありがとう。
b0008217_23491294.jpg

親戚ワンコさん、来年もオフ会で会いましょうね!

更新の遅い、拙いブログに来てくださる皆様、ありがとうございます。
皆様のおかげでアリサは元気にこの年の瀬を越せます。

2011年は家族が増えます。
名前を「海(うみ)」と決めました。
空ママと陸パパの子だから海です。
安易な名づけかもしれないけれど、一番先に浮かんだ名前だったので。


今年も、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年も、お世話になります。
家族が増える分、もっとお世話になると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-30 23:51 | ただの愛犬家 | Comments(18)

サニーの膝関節痛5

ふと気が付くと、足を洗う時にも上げられなかった右足が上げられるようになっていました。
痛めた左足が体重を支えられずに、長い間上げられなかった右足を、何気なく持ち上げたら、一瞬ふらっとしたけれどちゃんと支えることができました。
そう言えば、最近は歩きがあまり気にならなくなっていた。
b0008217_1095749.jpg

靭帯が伸びて、関節の骨がずれやすいのは変わらないと思います。
(靭帯は伸びたら自然に元に戻ることはないと言われました)
でも、ちょっと歩き方に気を付けたら普通に生活できます。

我が家流は、関節保護のためのサプリとハーブを服用しながら、適度な運動です。
サプリは、グルコサミン&コンドロイチン、とプロヒアル
ハーブは、モビリティサポートです。
鎮痛剤のような瞬間的な効果はありませんが、それに伴う副作用の心配はほとんどなく軟骨の生成など根本的なサポートができるのが良い。

散歩は、獣医師には控えるように言われましたが、サニーが歩きたがるのと、筋力をつけて関節を保護した方が良いと思い、痛みが強いとき以外は欠かすことはありませんでした。

筋力を落とすと、痛めた足だけでなく他の足も弱くなります。
結果、痛い脚にもより多くの負担がかかり、だんだん歩けなくなるという悪循環に陥る。
何より、大きなストレスになる。
それで、散歩の仕方を変えました。
散歩の距離は、急性期以外はそんなに変えずに時間をかけました。
階段は極力使わずに坂道を利用する。
途中にある公園で十分に休憩する。
公園で休憩している間、ルナはボール投げや服従訓練で体を動かし、サニー&アリサは日向ぼっこです。
時には、子供たちに囲まれ楽しい時を過ごします。

我が家流は、急激によくなることはありませんし、完治することもない(靭帯に関しては完治は望めないので)のですが、気が付くと生活の質を落とさず普通に暮らせている。

それで良いと思っています。
治療を急ぎすぎて、他に支障が出る場合も多いことを思えば長い時間をかけても生活の質を落とさない方がずっと良い。

最近は副作用はほとんどないですよ、と言われる薬剤が多くなりましたが、投薬の話を聞いていると、○○の負担はないけれど止めると元に戻ります(痛みが治まらない、かゆみが止まらないなど)と言われます。
それって…ねぇ

3ワンにはとても良いアドバイザーがいてくださるのもラッキー。
迷いが出たときは「それで良いよ」と言っていただくだけで安心。
b0008217_10102495.jpg

やっぱり、皆さんに助けられてサニーの足もまずまず◎です。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-27 10:14 | 膝関節痛 | Comments(15)
今年最後の定期検診に行ってきました。
血液検査とレントゲン。
b0008217_22105195.jpg

体重26kgちょうど。
レントゲンで見る限り転移は無し。
最も恐れている肺転移は見られず、きれいな肺が写っていました。
ただ、少し気になるのが骨粗鬆症が見られること。
年齢的には仕方がないが、打撲や転落などで骨折する可能性もあるから気を付けましょうとのこと。

骨ごとすり身では追いつかない老化なのでしょう。
癌の転移が見られないだけに気を付けなければならないことの筆頭でしょうか。
子犬が来たら十分注意しましょう。

血液検査では、気になることはありませんでした。


この2か月の間にメラノーマが大きくなり始め、擦りつけて出血することがあったのですが
b0008217_22115439.jpg

なんと爆発してこんなになっちゃいました。
b0008217_22121995.jpg

それで、TIKILOVE母さんに以前すすめられて使っていたディットンクリームを使ってみました。
前に使ったときは、きれいに舐めとってしまうので効き目はなかったのですが、今回は穴の中に塗りこみました。
b0008217_22125465.jpg

他の部分が消えたわけではないのですが、塗りこんだ部分は、今はまだ盛り上がってくることはありません。
b0008217_22132976.jpg

ディットンクリームを使っていなかった時は、すぐに盛り上がってきたので驚きです。

クリームを塗る前に、軽く洗浄して(サナピーさんに教えていただきました)清潔にします。
そして、穴に埋め込むようにたっぷり塗りこみます。


癌宣告から2年7か月、3度目のお正月迎えられます。

この快挙は私の力ではありません。
皆さんが寄せてくださった情報です。
皆さんがアリサに寄せてくださった、「がんばれ!」っていうお気持ちです。

ありがとうございます。
今年も嬉しいご報告で終われるのがとても、とてもうれしいです。

ありがとうございます。


現在、アリサに服用させているもの。
シメチジン
本村Drプロデュースのハーブ4種

ずいぶんシンプルになりました。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-24 22:16 | 悪性黒色腫 | Comments(16)
b0008217_2212992.jpgアリサとは、お仕事仲間で闘病仲間だったボニーおばさんが、アリサをおいて「一足先に行くね」って虹の橋行きのバスに乗って逝っちゃいました。

この数か月の間に姉妹ワンコさんが虹の橋のたもとに逝きましたと聞いていたのですが、仲良し姉妹だったのでしょうね、「ボーちゃん、一緒に行こう」ってお迎えに来てくれたようです。

癲癇と言う辛い病気を持っての早期引退でした。
パピーウォーカーだったB'zママさんの元に戻って6年になるでしょうか。
繰り返される発作にも、ボニーおばさんちのママさんは笑顔での看病の日々でした。
「ボニーは、可愛いわが子だから」って…

ボニーおばさんがお泊りに来てくれた日のことを思い出します。

余所のうちだっていうのに、まったくマイペースだったよね。
アリサと並んでお散歩したよね。
b0008217_2225198.jpg

アリサと二人のお散歩は、マイペースおばさんのそれぞれ行きたい方角が別で大笑いしていて、道行く人に不信がられたなぁ。
トイレの前は、サニーの特等席だったのに気が付いたらボーちゃんが寝転がっていた。
b0008217_2232690.jpg

夜中に目が覚めたとき、黒い小山に驚いて飛び起きたらボーちゃんだった。

いっぱいいっぱい思い出をありがとう。
またお泊りに来てくれたらいいなぁって、いつも待っていたのに…

今度は千の風になって、ユキや皆と誘い合ってきてください。
家を知らないワンコさんたちに、ここがワンコのかあさんちだよって教えてあげてね。

ありがとう、ボニーおばさん。
アリサのお友達でいてくれてありがとう。

アリサ、もう少し頑張るね。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-14 22:11 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(18)

新年には新しい家族を

ばあさんワンコ1頭とおばさんワンコ2頭いる我が家。
しかもおばさんワンコは年も近いこともあって、数年後には我が家にワンコがいなくなるのは必須。

ここ1年くらい、そのことが頭を離れませんでした。

引退犬と暮らせばって?
もちろんそれも考慮の範疇ですよ。

今、サニー&ルナの親元には、ティキと言うゴルっ子がいます。
でも、その子に子供が生まれるまでには、まだ2年かかる。

そうこうしているうちに聞いたのが、陸ちゃんと空ちゃんの子が生まれるかも、ということでした。

お父さんワンコの陸ちゃんは、サニーの兄弟で、お母さんワンコの空ちゃんは、ルナの姉妹です。
なんだか天啓のような気がしました。

サニーの兄弟は、男の子でもとても穏やかです。
ルナの姉妹兄弟もそうです。

どちらの兄弟姉妹も知っているばかりでなく、父さんや母さん、祖父さんや祖母さんまで実際に知っています。
どのワンコも穏やかで賢い。

サニーの兄弟で、ルナの姉妹と言うことはどちらもTIKIっ子。
もう、言うことありません。
文字どおり我が家の最後の家族として迎えることにしました。

そう、生まれる前から、生まれるかどうかも分からないころから、女の子が生まれたら家族にしたいと申し出てあったのです。

空ちゃんは、今回、親許のTIKI LOVE HOUSEで出産しました。
正確に言うと、TIKIの母さんが出産直前に急に体調不良になって、急きょTIKIっ子のゆらちゃんのいるお家で出産しました。
b0008217_1740261.jpg

♀ワンコ3頭と♂ワンコ4頭です。

女の子は我が家をはじめ、もう家族が決まっています。
でも、男の子が何頭かまだ家族が決まっていません。

もし、家族の一員として迎えてもいいかな?とか、ちょっとお話聞いてみたいと思われる方はTIKILOVEの非公開コメントへどうぞ。


ゆらちゃんは、盲導犬協会の盲導犬候補生たちのお母さんワンコです。
そのゆらちゃんちにいる、そらママとそらっ子たちは、もう少し落ち着いたらTIKIの母さんのもとに帰ってくるそうです。

そして、我が家にやってくるのは1月も半ば過ぎになるでしょうか。

言ってみれば、サニーとルナの子供のようなもの。
楽しみで胸がはちきれそうです。


先ほど、もう一つ嬉しいお知らせが舞い込んできました!
ラナちゃんが、4頭のベビーを出産したそうです。
紅一点であとは男の子。
行先はまだ聞いていませんが、お話を聞いてみたいと思われる方、お問い合わせは↑へどうぞ。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-07 17:48 | 親戚ワンコ | Comments(20)

ペットに課税!?

どこかのあほな議員が
「中国や韓国や朝鮮では、犬や猫は食べ物で、それを飼うくらいの余裕があるなら税金とってもいいんじゃない」と言ったとか言わないとか。
それに乗って、本気で論議を始めそうだとかなんだとか。
他国の食文化を自国に持ってくんなよ!

何考えとんねん!!!
ペットに税金がかかったらどうなる?

短絡的な人は、捨てるか殺すかするだろう。
中国一人っ子政策の闇のように登録しないでおこうかな~、の人も増えそう。

その資金を殺処分の費用に充てるとかなんだとか。

アホか!!!


課税されるなら、キャリアチェンジ犬やリタイア犬の行き先が縮小されそう。
保護犬の引き取り手など、善意の飼い主は激減しないだろうか。
心配事が山積みだわ。

お金を取れるところから取ろうと言うなら、大きな失敗を招くことになるかもしれないことを、まず議論しなさいよね。

アホな政党やと思っていたけれど、ホンマにアホやな。
もっと他のことに頭使いなはれ。

b0008217_15481536.jpg

導入されたら、死ぬまで税金未納にしとこうかなぁ。
差押えは、私の布団でもどうぞと言うことで。


税金かけるなら、医療費の補助や虐待防止・被虐待ペットの救済・シェルターの充実などまともなことに使えるように検討してほしいものです。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-06 15:49 | ただの愛犬家 | Comments(8)

Imagine

久しぶりに音楽三昧の時間。

Imagine、イマジン…

「想像してご覧」とはじまる歌詞。
いろいろな解釈があるようですが、私は、この曲は平和な時を想う歌だと思う。

ビートルズ時代に育った私にとって、この曲は「Let it be」と共に心に深く染み透り、つらい時や悲しい時、いろいろな場面でいまだに口をついて出る。

声高に反戦を叫ぶ歌ではないのに、息子たちの世代に歌い継がれ、さらにその子供たちに歌い継がれようとしている。

皆が想像し、皆が願えば大きな力となる、そう言っているように思える。
祖母が「願い続ければきっと叶う」と教えてくれたことに通じるような気がする曲。

1杯のコーヒーと1冊の本、そして、傍らにはワンズ。
それが私の平和で幸せな時。

これは何十年と変わることがない。

欲を言えば、それが大好きな桜の下なら言うことない。

そんな場面を思うことのできる曲をお持ちですか?
b0008217_22405187.jpg


そういいながら、とても過激で闘争的な半面を持つのも私。
だからこそ…なのかもしれない。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-02 22:41 | ただの愛犬家 | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん