<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ものやおもふと…

数日前、スコールのような雨が降りました。

雨の日は、大人ワンたちは散歩には行きたがらないので、チビワン海もお付き合い。

遊びに誘っても、うるさいと叱られて、空から落ちてくるものを眺めていました。
時々、瞬間ライトアップがあって、小さく大きく太鼓の音が鳴り響く。
海にとって雷は初体験でしたが、平気。
b0008217_11102749.jpg

b0008217_11105366.jpg

b0008217_111273.jpg

b0008217_11123252.jpg

b0008217_11133348.jpg

b0008217_1551464.jpg

b0008217_11135871.jpg


はじめての経験だったので、退屈しのぎになったのかもね。



親戚ワンコのオフ会のお知らせはこちらです

★こちらもご覧ください
b0008217_16112388.gif
震災まいご犬犬種別一覧
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-25 11:15 | 子犬育て奮闘記 | Comments(8)

涙が出る時

涙が出る時って…

喜怒哀楽、さまざまな場面で出ますが
私はこんな時かな~

「喜」の場合は、とっても嬉しくって、をさらに超えると涙が出る
「怒」の場合もそうです。怒りが頂点に達し、さらにそれを超えると涙がでる。
でも、「哀」は逆です。あまりに哀しいと泣くことすらできない。
「楽」は、案外多いかな?コンサートで素晴らしい演奏を聴いただけで涙が出る。

でも、こんなことと関係なく気が付いたら涙が流れていることがあります。

こんな場面を見ている時
b0008217_1284855.jpg

ふと、「あぁ、幸せだなぁ」って思える時、覚えずして涙がこぼれています。
齢のせいだって?
否とは言いません、が、これは息子が生まれた頃からだったような気がします。
定かではありませんが、そんなような気がする。

「幸」は、ほんのささやかな方が涙が出る。


親戚ワンコのオフ会のお知らせはこちらです

★こちらもご覧ください
b0008217_16112388.gif
震災まいご犬犬種別一覧
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-18 12:12 | ただの愛犬家 | Comments(14)
道路はまずまず(あくまで、まずまずですよ)歩けるようになった海は、公園に1歩はいると「わ~い、わ~い」状態になります。
海は、どうも、道路は歩くところ、公園は遊ぶところと分類しているようです。

成長と共に、公園には興味あるものがどんどん増えて、ワクワクするんでしょうね。

わ~い、おじさ~ん
わ~い、ちょうちょ
わ~い、けむし
わ~い、はとぽっぽー
わ~い、いし~
わ~い、はっぱ~

と、なんでも「わ~い♪」の対象です。

私は、興味を持ったものに対しては、危険でない限り頭から「ダメ」とは言いません。
家庭犬なんだから、わき目も振らずに歩く必要はないと思っています。
ただ、「いけない」と言う言葉を理解できるようにしておきたいと思っています。

今、公園での「いけない」は「花壇に入ってはいけない」です。
すぐに覚えましたが、時々忘れる。
忘れたときは、入りそうになる前に「入ったらいけないよ」といいます。
入ってしまって、チョウチョでもいたら嬉しくって「いけない」がどこかに飛ぶかもしれません。

「いけない」はいけない行動をする直前に言います。
あまり前に言ってもわかりませんしね~

で、今日のワチャワチャ散歩は、穴掘りでした。
迷惑をかけるような場所でない限り、ある程度させてやることがありますが、必ず埋め戻しします。
b0008217_1675241.jpg

b0008217_1683170.jpg

b0008217_1684919.jpg

b0008217_1692339.jpg

b0008217_1694219.jpg

b0008217_1610134.jpg

もちろん、穴掘りは「いけない」ときもあります。

よく、訓練士さんがダメなものはダメで通してください、と言われます。
それはある意味正しいと思いますが、私は、私がダメだと言った時にしなければいいので、良い時といけない時を作っています。
××はダメ、な時ばかりではなく、母さんがダメだと言ったのだから、今はダメなんだという認識を持ってほしいから。

もちろん、一貫してダメ!なものもたくさんありますよ。

なんだか、いい加減そうですが、あくまで我が家流です。
見方によっては、とんでもない犬育てのように誤解されるかもね。

さぁ、「いけない」をちゃんと理解できるのはいつかなぁ


親戚ワンコのオフ会のお知らせはこちらです

★こちらもご覧ください
b0008217_16112388.gif
震災まいご犬犬種別一覧
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-15 16:15 | 子犬育て奮闘記 | Comments(10)

とってもばぁさんな日

我が家でただ1頭ウミと遊ぶルナですが、ぜ~ったい遊ばない日があります。
遊ばない基準は何かわかりませんが、「今日は遊ばない!」っていう日はわかります。

正確にはにいちゃんが発見したんだけどね。

どんな日かと言うと、ルナが「ばぁさんの顔」をしている日です。
b0008217_750548.jpg

b0008217_7504394.jpg

b0008217_751986.jpg

b0008217_7514216.jpg

b0008217_75213100.jpg

b0008217_7523999.jpg

b0008217_7534854.jpg

b0008217_755158.jpg

b0008217_7553422.jpg

b0008217_756260.jpg


親戚ワンコのオフ会のお知らせはこちらです
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-14 07:57 | 子犬育て奮闘記 | Comments(12)
「2011年 親戚ワンコのオフ会」のお知らせで~す。

名付けて「TIKILOVE CHILDREN 2011」
日時:2011年10月10日
場所:滋賀県琵琶湖畔
詳しくは、ラス&エドくんのお姉ちゃんがサイトを開いてくださいました「TIKILOVE CHILDREN 2011」でどうぞ。
申し込みもこのサイトで受け付けています。
パソコンで申し込みができないかたは、コメント欄に非公開で連絡先をご記入いただければ中継ぎさせていただきますのでご遠慮なくお申し出ください。
盲導犬引退のTIKIっ子・キャリアチェンジしたTIKIっ子はいませんか。
TIKIにつながるワンコさんと暮らしている方、もしかしたらうちの子も?と思われる方、お問い合わせください。


親戚ワンコのオフ会なるものをはじめてしたのが、もう6年も前、2005年11月でした。
TIKILOVE母さんの「私もボランティアデー(関西盲導犬協会)に行こうかなぁ」の一言が始まりでした。
じゃぁ、Q家とI家も一緒にと言うのから近くに住んでるTIKIっ子、それならいっそ全国に呼びかけてと、大々的に呼びかけ、その時に集まったのが、犬52頭、人80人でした。
南は宮崎から北は宮城・山形まで壮大なもので、犬雑誌「レトリバー」でも取り上げられました。

そのあとは、小規模で近くの者たちが寄り集まってオフ会を開いていましたが、出来たらまた全国規模で集まってみたいと、ラスラ君&エドちんのママが幹事に、サブにはリム君とハウたんのママが手を挙げてくださいました。
(過去のオフ会の様子は、カテゴリの中の「親戚ワンコのオフ会」をご覧ください)


ちょっと遠いけれど、秋の小旅行を計画していらっしゃる方、ちょっと変わった犬連れ旅行はいかが?
ゲームをしたり泳いだり、楽しい1日を共に過ごしませんか。

我が家も4ワン連れて参加します。
b0008217_1541719.jpg

あ、ただし海のヒートが来なければなんですが。
ヒートしている子がいると男子が狂うもので遠慮するのが礼儀ですものね。
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-08 15:10 | 親戚ワンコのオフ会 | Comments(15)

悪性黒色腫23

今日、アリサは14回目の誕生日を迎えました。
b0008217_165085.jpg

11歳で悪性メラノーマを発症して3年です。
12歳、13歳の年は、よくぞ1年生きてくれたと思い深い感慨がありましたが、今年はもうそんなこと思わなくなっちゃいました。
諦めたとか、気にならなくなったとかと言うのではなく、アリサはもうメラノーマで死ぬことはないだろうと思い始めたのです。

前回(悪性黒色腫22)よりもさらに縮小した腫瘍はほとんど目立たなくなりました。
それと同時に、体重が増加し介護服がパツンパツンに。
まぁ、普通の1.5倍のご飯を食べていたのだから、健康ワンなら肥満になります。

今までその量で太らなかったと言うことは、やはり癌細胞が食っていた?
太り始めたと言うことは、癌細胞は?

体力維持のための食事を元に戻すことにしました。

元に戻したらお腹すくんでしょうね。
海のお昼ご飯にも参加表明しました。
仕方がないから、ちょっとボリュームのあるおやつを。

病院の先生もちょっとびっくり!
私もびっくり!
アリサは…何事もなかったように。
b0008217_174536.jpg

にいちゃん曰く
「アリサ、な~んも考えてないからいいんや。思い悩まんからストレスなくて、それが良いんちゃうか~。人間もアリサみたいに暮したら長生きできるかもな~」

全く同感です。

アリサを見守ってくださっている方々に、このような嬉しいご報告ができることに深く感謝しています。
いつも、変わらぬ応援ありがとうございます。
[PR]
by yukiba20 | 2011-06-06 01:09 | 悪性黒色腫 | Comments(61)
冗談じゃぁないですよ!
私たち引退犬ボランティアがどんなに愛おしんでいるか知りもしないでそんなこと言うんじゃないよ!!

「盲導犬を引退した犬って、使用者から引き離されたショックで数か月から1年以内でほとんど死ぬんだってね」
ひと月ほど前にある人に言われました。

すぐに書かなかったのは、あまりに情けない身勝手な言い分に、怒りに任せて固有名詞を書きそうだったからです。

誰にそんなバカなことを吹き込まれたのよ。

確かに、数か月で亡くなる子もいます。
でも、そういう子たちは、離されたショックではなく、すでに重篤な病気を持って引退しているのです。

そんな子たちをどんな思いで見送っているかわかりますか。
たとえ数日でも、家族として愛おしんでできる限りのことをして見送るのです。


引退した犬が、元の使用者に会うと大変喜びます。
これは嘘じゃないです。
でも、後追いなんかしません。
ちゃんと自分の今いるところが家であること、家族であることを理解しています。

同じことを、パピーウォーカーの場合も言う事が出来ます。
幼い時に暮らした家族を決して忘れることはありません。
会うと大喜びで大変ですが、後追いしません。

どちらも、大好きな人だと言う認識は生涯変わることはないと思います。
でも、今暮らしている家族が車に乗って帰ろうとすると、当然のように自分も車に乗ってきます。

事情も知らない者が、事情も知らない人たちにあれこれ言うのはやめてくれませんか!


引退時の犬のほとんどは、後ろを振り返ることもなく別れていきます。
アリサもそうでした。
b0008217_13353779.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2011-06-04 13:35 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん