<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アリサの老い

あらためて言うまでもなく、アリサは婆ちゃんワンコです。
その婆ちゃん度が、ちょっと加速している。

甲状腺機能低下症で引退して足かけ7年。
悪性黒色腫を克服し、3度の前庭疾患から復活し、アトム君騒動の中、全く食事をとらなくなった日が続きました。
以前にもあった食餌拒否。
2回目の今回は、もはやこれまでかと思ったのですが、なんとまたまた復活。
彼女の生命力の強さにはおどろかされてばかりですわ。
b0008217_1122766.jpg

でも、そのたびに衰えが目立ち、足腰はめっきり弱って自力歩行は食事の時のみ。
トイレは介助すれば歩いていきますが、目的地に着くまでに途中で完了。
なので、今はトイレに行くときにオムツをつけることにしました。

そこまでして歩かせなくてもと思われる方もあるかもしれませんが、アリサには、まだまだ立ちたい歩きたいという意思があるので出来るだけ寝たきり状態にはさせないようにこまめに外に出しています。
今の時期はブーちゃん号大活躍していますよ~。
b0008217_11194350.jpg

オムツはブーちゃん号と一緒にいただいた、ヒト用パンツ型Sサイズがぴったり。
ブーちゃん、ありがとうね~。

ヒト用を使えば経済的ですし、吸水力抜群なのでお尻の汚れがありません。
それに、尻尾出し用の穴をあけて使っています。
穴は、手抜き大好き人間の私は適当なところに十字の切り込みを入れて作ります。
くりぬいてテープで補正なんて丁寧なことはしません。
b0008217_11202448.jpg

十字に切り込みを入れてあると、はかせた時に、小さければその場で鋏を入れればいいし、くりぬいていない分しっぽに密着して漏れがありません。
ただし、吸水材に粒状のものが使われているオムツは中身がこぼれてしまいますので、材質の確認は必要と思います。

敷物も、こまめに洗濯していますが、それでもけものの匂いなどは抜けきらなくなってしまいます。
その時に洗剤として使うのがオレンジX。
これいいですよ~。
嫌なにおいが消えて、汚れのひどいところにスプレーしてしばらくおいて洗濯すると汚れもきれいになっています。

介護が始まって心がけていることは、出来るだけ臭いを抑えること。
完全になくなることはないのですが(何しろ4頭いるもので)消臭グッズを組み合わせてできるだけ不快感・不衛生感のないように心がけています。

我が家で日常的に使っているものを紹介します。
b0008217_11205836.jpg

①マッサージオイル
②肉球クリーム
③パルエックスG(部屋の消臭に)
④フィトバーム(皮膚のトラブルに)(写真が違っていました。すみません)
⑤ニオイノンノ(瞬間消臭に優れてる)
⑥オレンジX
⑦EMW(バイオの力でゆっくり消臭。庭でトイレをするので月2回10倍くらいの希釈で散布します。)
⑧KDソリューション(写真にはありませんが、泌尿器系が弱くなってきているので使っています)

①②はぐりさんの[ぐり石鹸」
③④⑥⑧はTIKIショップ
⑤⑦はネットで購入します。

この他に使うのが、アロマオイル。
インフルエンザ流行時や雨降りの湿気のこもった日はティーツリーオイルをアロマポットで温めてこもった空気を浄化します。


アリババちゃんとはこんな日々を過ごしていますが、最近可愛いなぁって思うことがあります。
それは、私が長時間留守にすると下痢をすること。
神経性の下痢です。
家にいるとしないんです。
どうです、可愛いじゃありませんか。
言葉で言えない分、「母さんといたい」って言ってくれていると思いません?

はい、自己満足だとわかっていますよ。
でも、可愛いんですわ。
b0008217_11245856.jpg


サニーは、ユキに寄り添ったようにアリサに寄り添っている時間が増えました。
海も、ルナがユキに寄り添ったように傍で寝ることが多くなっています。
微笑ましいのですが、それだけアリサが老いたということなのでしょうね…
[PR]
by yukiba20 | 2012-04-22 11:26 | 老犬介護 | Comments(30)
世間では、なぜ北盲のボランティアは沈黙しているのだろうと思われているでしょう。
事実そのような質問も何度かいただきました。

北盲のボランティアさんたちは決して無関心であったわけではありません。
むしろその反対です。

自分が慈しんだ子ではないか、知人がとりあげた子ではないかと、日々、苦しくて辛くて悲しい日を送られているのです。

それは、今も、この瞬間も続いています。

九盲に子犬を送ろうとしている施設の方々、お願いです。
今は子犬を送らないでください。
ちゃんと施設の体制が整うのを見極めるまで、どうか子犬を渡さないでください。
そして、渡した後も理不尽な扱いを受けていないか監視してください。

どうか、どうかあなたの施設に所属しているボランティアの方々を失望させないでください。

あなたの施設が盲導犬を道具と思っていないなら、子犬を送らないでください。

お願いします。
お願いします。
お願いします。

★mixiに参加していらっしゃる方は私のマイミクさんの「ケリーまま」さんの日記をぜひお読みください。(ご本人の許可を得て紹介させていただきました)
b0008217_15313416.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2012-04-07 15:32 | 長崎盲導犬虐待事件 | Comments(30)
皆様すでにご承知のことと思いますが、私の記録の為に遅ればせながらお知らせいたします。

署名をいただいた人数を聞いてびっくりしました。
1万人を超えたそうですね。

詳しくは
長崎 Life of Animal  
盲導犬とのよりよい暮らしを考える会
をご覧ください。

正直、5000人は集まらないだろうと思っていましたが、いかに多くの方がアトム君を心配し、協会の体制はおかしいと疑問を持たれたかと言うことです。

福岡県は適正な指導を行って、協会はこの事実を真摯に受け止め今後の運営にあたってほしいと心底より願っています。

だから、署名が終わったから終わりではありません。
九盲は今、嵐の過ぎ去るのを待っているだけで何かを具体的にしようと思っているわけではありません。

その証拠が、センター長のすげ替え。
天下りじゃない人が就任するのかと思ったら、またまた銀行マン。
あきれ返りますね。
Nセンター長はどうしても影響力を残しておきたいようです。

と思っていたら、またとんでもない嘘が発覚しました。
こちら「アトムの幸せを考える」をご覧ください。

このブログを書いた人はとても勇気がいったと思います。

何で、すぐばれるような、見え透いた嘘をつくのでしょう。
こういう嘘をつく人は日頃嘘をつきなれているってことじゃないでしょうか。
だから、聞かれた時その時さえ言い逃れたらいいような嘘をつく。
嘘はつき続けることってできないですよ。
必ずつじつまが合わなくなる。

私は、こういう話も聞きました。
K訓練士は「アトムが見つかっても、PWにも引退犬ボランティアにも渡さずに協会に置いておく」と言ったと。

どういうことよ。
何かまずいことでもあるわけですか。
そんなんだったら、生きていても出てこなくていいよ。
別の意味での虐待が始まりそうだもの。


このような日々を過ごしていましたが、その日々の中でルナは9歳になり、アリサはオムツが必要になりました。
サニーは散歩の途中で休憩をせがむようになり(人がいると撫でてもらいたくて)、海は、「わちゃわちゃ歩き」から「わちゃ歩き」にレベルアップ(?)しつつあります。

大好きな桜の季節。
時間の許す限りワンズと桜の下で過ごしたい。

今年は、父さんの具合がイマイチなのでお山公園のあの場所の桜の下で写真を撮ることはできませんが、4ワンは皆元気です。
あ、アリサはそれなりにかな?

生きているといろいろなことがありますね。

アトム君もそう思っているだろうか。
b0008217_0334628.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2012-04-06 00:36 | 長崎盲導犬虐待事件 | Comments(20)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん