<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

アクシデント続き

ちょっとしたアクシデントで留守にしています。
PCも入院中です。

アリサへのお花、みな無事に届けていただいていますが、PCの状態が悪くお礼を申し上げることもかないません。
復活いたしましたら、改めてお礼申しあげますのでしばらくご猶予をください。

コメントとをいただきました多くの皆様、ありがとうございます。
復活いたしましたらレスさせていただきますので、すみません。

最悪のことを考えて残しておいた、作業用のボロPCなので、ここまで書くのに10回以上消えてしまいました。

復活してもへたれているかもしれませんが、その時は「らしくない」と笑ってやってくださいませ。

では、消えないうちに…
[PR]
by yukiba20 | 2012-06-20 19:30 | ただの愛犬家 | Comments(5)
6月10日20時16分。
虹の橋に住民票を移しました。
b0008217_22154075.jpg

アリサらしく静かに逝きました。
穏やかに静かに逝きました。

寂しくて寂しくて寂しくてどうにもやりきれないです。

もしかしたら4年前に引っ越していたかもしれない。
どんなにそう思っても、だから良いと言うものではありません。

6年と8か月、10月10日にうちの子になったから、ちょうど6年と8か月です。
6月6日に15歳になったばかりでした。

初めてうちの子になった日に、それまで絶対に乗らなかったのに、ソファに飛び乗って寝ちゃったね。

あぁ、アリサ盲導犬やめたんだ、ってはっきりわかった日です。

甘えることも控えめだったけれど、仕事から帰って来ると皆に負けないで尻尾ブンブンで出迎えてくれた。

色々なこだわりがあったけど、食べる物にはこだわりはなかったなぁ。
何でも食べてくれた。

お別れの前日まで、大好きなお肉をパクパク食べていたね。

亡くなる前日、にいちゃんが忙しい中夕方帰ってきました。
次の朝はもう仕事なのに、「アリサに会いたくて」って帰って来てくれたね。
普通だったら帰ってこないんだよ、そんなスケジュールでは。

アリサ、大好きだったんだね。
だからにいちゃんに会えるまでって頑張ったのかなぁ。

ちょっと前には大きいにいちゃんにも会えたし、とうさんにも会えたし、家族みんなにご挨拶していたんだね。


あぁ、アリサが逝く。
そう感じた時に、アリサのユーザーに電話しました。

アリサが穏やかに安らかにその時を迎えることができるように祈ってほしくて電話しました。

電話している最中に逝ったのです。

アリサを抱きながらのライブ。

「アリサ、息が細くなりました。
静かな静かな呼吸です。
足がスーっと伸びていきます。
大きな息を吐きました。
聞こえましたか?
あぁ、今、ほんの今逝きました。
オシッコが漏れてきました。」

ユーザーとの絆も深い子だったんだなぁって思いました。
離れていても、別れの時を共有できました。

アリサ、ありがとう
ありがとうアリサ
うちの子になってくれてありがとう
いっぱいいっぱいありがとう

静かに逝ったアリサを、静かに見送りたくて、どなたにもお知らせせずにユーザーと二人っきりで見送ってやりました。
その日から3泊していただいて、アリサのこといっぱい話しました。

別れの朝、にいちゃんが仕事前に
「ありさにお土産だ」と言ってお水とおやつをいっぱい持ってきてくれました。
皆で分けて食べられるね。

来てくれてありがとう…、にいちゃん。

アリサ、落ち着いたら、千の風になったみんなを案内して帰ってきて。
待ってるから。
いつもいつも、いつまでも待っているから。


愛しい愛しい
可愛い可愛い
アリサ
ありがとう
うちの子でいてくれて
ありがとう
大好き、アリサ


(↓の日記にコメントをいただきました皆様、アリサと私に暖かいお言葉をありがとうございました。
まことに勝手ではありますが、ここでお礼申し上げることでお返しとさせてください。
ありがとうございました。)
[PR]
by yukiba20 | 2012-06-16 22:19 | 老犬介護 | Comments(107)
急なことですが、今度こそ逝こうと決めたようです。
今楽そうに横で眠っています。

でも、また復活したりして?
そうなら嬉しいけれど…


↓のコメントのレス、しばらくご猶予ください。
[PR]
by yukiba20 | 2012-06-10 19:44 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(5)
5月13日にアミィちゃんが、6月5日にアーダちゃんが虹の橋のたもとに住居を移しました。

アミィちゃん、もうちょっとで16歳8か月だったね
b0008217_1531036.jpg

ブログタイトル「★☆じーさんわんこ&ば~さんわんこ☆★」(今は「生涯 わんこ貧乏」)にひかれてせっせと読み逃げに通って何年になるでしょうか。
シニアワンコと暮らしていると病気やなにやと落ち込んだりだったりしますが、アミィちゃんちは一味違ったお家でした。
爺さんと婆さんがのんきに、いやそのころはまだ若かったアグちゃんもいたね。

アーダちゃん、16歳と2か月半でした。
b0008217_15313587.jpg

2006年11月、いまから5年半くらい前にターミ姉ちゃんに誘われて淡路島に行った時には、まだまだお子ちゃまだったルナはアーダちゃんに教育的指導を受けました。
それがご縁で始まったお付き合い。
あのころは若かったよね。
誰が?ってみんな037.gif


アミィちゃんには会ったことなかったけれど、ブログを開くとそこにはいつも笑顔がありました。
だから隣のワンコみたいだったよ。
うちと一緒でわからんちんのおちびがやって来て、騒々しかったけれど面白かったよね。
アミィちゃんの母さんは、アミィちゃんを守るのに必死だったんだって。

アリサが何度も倒れて、だんだん動けなくなっていくのに、アーダちゃんはトットコトットコ歩いていたよね。
1年以上お姉さんなのに元気だったけれど、沢山の病気を抱えていました。
ママさんは、アーちゃんが苦しくないようにと、ちょっとでも楽に過ごさせたいと色々なことを調べて、良いと思われることいっぱいしてくれたね。

2ワンのことを思い出すと、…思い出すと?
あ!若い時のことじゃない!!005.gif
出会った時は、もうすでにシニアでした。

でも、どちらのワンコさんも、おばあちゃんと言うよりお嬢様だったなぁ。045.gif

ここのところ千の風になった知り合いワンコさんが沢山います。
みんなで誘い合って来てくれないかなぁ。

こみ入ったところでわかりにくかったら、うちの子が4ワンその辺に遊んでいるから聞いてください。
きっと案内してくれます。
だって、うちの子たちはしょっちゅう帰ってきているから。

待っているから
いつでも待っているから
み~んな誘い合って来てください

伊予の2アーちゃんズ、ありがとう。
母さんたちに出会わせてくれてありがとう。

しー ゆー あげいん
またね029.gif

(勝手に写真拝借しました。すみません。008.gif
[PR]
by yukiba20 | 2012-06-07 15:39 | ただの愛犬家 | Comments(12)
と言うわけで、アリサはトイレだけでなく、食事も寝たまま食べることになりました。
b0008217_1763828.jpg

頑張って立ち上がって、ハァハァぜいぜい言いながら食べると気管の方に入ったりしてむせて大変。
死ぬのではないかと思ったことも…。008.gif
胸やら背中やらドンドン叩いてやっと元に戻りました。

それが元で誤嚥性の肺炎にでもなったらと思い、4、5日前からベッドで食べさせることにしました。
b0008217_179350.jpg

老犬特有の、痰が切れずに呼吸がしにくい状態になり、「苦しいのよ!」と、もがくこともしょっちゅうあったので、ぐり石鹸のNaokoさんに相談しました。055.gif

「アリサに使いたいのですが、去痰作用のあるマッサージオイルってないでしょうか」

直ぐにアドバイスのお返事が返って来ました。

それで作っていただいたのが、①のマッサージオイルです。
②は以前から使っている肉球クリーム。
どちらも、使う量が多いので大瓶でお願いしましたのでたっぷり使えます。
b0008217_178292.jpg

①で、朝晩1日2回上半身をマッサージします。
肉球がガビガビにならないように②の肉球クリームも。

で、驚いた!005.gif

個体差はあるかもしれませんが、アリサの場合は、ゼロゼロハァハァ言っていたのが、落ち着き始めました。
しばらくすると、口の横からねっとりしたものが垂れてきました。
痰なのかどうかわかりません。
その時1回だけでしたから。

今も、マッサージは毎日続けています。

それと、もう一つお得だったのが、手荒れ予防。
寝たきりで食事や排泄をするようになると、頻繁に手を洗いますので、カサカサのひび割れ手を覚悟していたのですが、マッサージオイルや肉球クリームを使った際に、手のひらに残った分をすり込んでおき、手洗い石鹸を、ちょっと贅沢なんですがぐり石鹸に変えたら、なんと!手荒れしらず。

オホホです。037.gif

奮闘はワンもヒトも三日坊主でしたわ041.gif
b0008217_17101590.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2012-06-03 17:14 | 老犬介護 | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん