<   2014年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チャリティーカレンダー

毎年この季節になると皆さまにお世話になっていたチャリティーカレンダーですが、今年はちょっと余力がなくて販売を中止しました。

何人もの方からお問い合わせをいただき、大変恐縮しています。

もっと早くお知らせしなければなりませんところでしたが、今年は留守にすることも多く、今に至ってしまいましたことをお詫びいたします。

尚、小山さんのカレンダーをご希望の方は日本ライトハウスで販売していますのでそちらの方にお問い合わせください。
[PR]
by yukiba20 | 2014-09-28 10:56 | チャリティーカレンダー | Comments(4)

琵琶湖で遊んだ~♪02

みんな大喜びで浜を走っていきます。

ティンクおばちゃんなんか温泉につかってるみたい。
b0008217_22191340.jpg

わ~い♪
と入っては行かないだろうと思っていましたが、急ブレーキ。
へっぴり腰もいいところ。
入りたいけれど、池が大きすぎてちょっと怖い。
b0008217_22194732.jpg

b0008217_2220384.jpg

横を見るとルナは「ワタクシは水には入りませんの」と優雅にひとり散策を始めました。
b0008217_22203450.jpg

なにを隠そう、ルナは2歳のころに大阪は河内の方にある川で遊んでいた時にサニーを追いかけて深みにはまりおぼれかけて以来、水には絶対の絶対に入りません。

ルナにべったりの海は、ルナが敬遠するものにはとても敏感。
おまけにわたしも泳げないので水には入れません。

興味はあるもののルナは来ないし、私は行っておいでと言うだけ。

それで行けるもんじゃありません。

見かねたソランお姉ちゃんが、一緒に入ろうって誘ってくれるのにこのへっぴり腰。
b0008217_2221166.jpg

おまけに逃げた!!
b0008217_22241485.jpg

遠浅のところからそろそろと沖に歩いていると今度はティナママさんが
「おいで~」
b0008217_22244153.jpg

ホイと捕まえられて足のつかないところへ~
b0008217_2226289.jpg

b0008217_22263483.jpg

何気なく手を離されても気づかずに必死にジタバタしてたら
b0008217_22271731.jpg

あり?
b0008217_22274135.jpg

一目散にかけて行くのは母の元、ではなくルナのところ。
b0008217_22283769.jpg

b0008217_2229036.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2014-09-15 22:34 | 親戚ワンコ | Comments(4)

琵琶湖で遊んだ~♪01

ものすごく遡りますが、8月4日、琵琶湖で遊びました。
今年は、知り合いワンコさんが大挙して虹の橋に引っ越してしまい、残された家族は寂しい思いをしていたのですが、ラスエドママさんとハウたんママさんが

「にぎやかになった虹の橋に負けないようにこっちも楽しもう」

と、琵琶湖でプチオフ会を計画してくださいました。

虹の橋組をしのんで集まったのは

虹の橋に家族を送った
ソランちゃん家
クロちゃん家
リム蔵親分家
そして、サニー家

偲んで集まってくださったのは
ティンクちゃん家
あ~にゃちゃん家
そして、場所を提供してくださったラスエド家

お天気はイマイチはっきりしない、もしかすると雨?の日でしたが、「皆が集まる頃はソランやサニーちゃん、リムくんが晴れ間を連れてやって来ることでしょう!」とソランちゃんの母さんがメールをくださったとおり、時折パラパラと小雨は降りましたが曇り空のたいして暑くもないラスエド浜。

あ、ラスエド浜で検索しても出てきませんよ。034.gif
知る人ぞ知る、のところですから。037.gif

我が家は、足がないのでソランちゃんちに便乗させていただきました。040.gif

ソランパパさんが前夜から我が家のワンズのために後部座席を過ごしやすいようにしてくださっていました。
こ~んなにゆったりなの!
b0008217_13361472.jpg


ラスエド家のお庭はちょっとしたドッグラン。
b0008217_13364494.jpg

お宅訪問はじめましての我が家の女子に興味津々のラス兄。
ことあるごとに付きまとっていました。
ルナはうまくかわすので、すぐ「こいつはだめだ~」って諦めたのですが、海がね~003.gif
b0008217_13371245.jpg

うちの大事な娘に不埒な行動をするやつはどんなやつ?と保護者ルナは身元調査しております。041.gif
b0008217_13374191.jpg

用水路や小さなお池は経験済みの海、さぁ大きなお池はどうだったでしょうか。
[PR]
by yukiba20 | 2014-09-14 13:40 | ただの愛犬家 | Comments(4)
本当に不愉快な事件です。

今回のことではいろいろなことを改めて考えさせられました。

まず、こう言うことがあると、犯人探しと同時にユーザーいじめが始まる。
本末転倒もいいところ。
しかもこういうときにやり玉に挙がるのは、優良ユーザーが多いのです。
なぜなら、そういう人は盲導犬と二人で歩いているから攻撃しやすい。

そういう二人組を見たら、誰かに悪さをされないか見守ってあげてください。
見守るって言うのは、見てるってことじゃないんですよ。
見ていて困ったことがあるようだったら助けてあげてください。
場合によっては警察に通報してください。

一方では、盲導犬を連れているにもかかわらず常にヘルパーと一緒の人もいます。
盲導犬を貸与されても、いつもヘルパーに手引きされていて、盲導犬と歩いているのを1度も見たことのない人だっている。

私は、前者は応援しますが、後者はいつも人と歩いているなら犬はいらないのではないかと思っています。
こういう人にとって何故盲導犬が必要なのだろうかと。

本当に数千人の待機者がいるのなら、単独歩行を余儀なくされている人に優先的に貸与するのが筋なんじゃないかなって、税金や寄付金が生かされるのではないかなって思うのは私だけでしょうか。

今まで虐待されていた盲導犬は、本当に必要じゃなかったんじゃないかと思うんです。


また、ユーザーの勝手も再認識しました。

自分たちの仲間が虐待していても何の行動も起こさないのに、他からの攻撃にはちゃんと反応する。
それってずるいですよ。
だから、盲導犬はかわいそうだと世間の批判を浴びるのです。
そこのところをちゃんと心得ておいてほしいものです。


私は、盲導犬に反対するものではありません。
それは最初から変わっていません。
虐待を発信したから反対者でしょ、とか、盲導犬使用者の敵だとか怖いって言われることがありますが、それは論点が違います。

私は、犬がどんなに優れた生き物か身を持って知っています。
だから、共にパートナーとして慈しんで歩くのであれば心から応援しますが、その分、いい加減なユーザーには怒りを覚えます。

虐待されていると聞けば、自分ができることなら何でもして助けてやりたい。
敵とか味方じゃなくて、それがあたりまえじゃないですか。
そんなもんじゃないですか?
私を怖いと思う人は、何か後ろめたいことあるんじゃないかしらね。


さて今回の事件は、ユーザーが起こしたことだったらどうだったでしょうか。
マスコミや協会やユーザーの会は同じように行動を起こしたでしょうか。

ジョニーやアトムの時と同じように、ネットが炎上していても、マスコミも使用者の会も協会も沈黙したのではないでしょうか。

今回、声明を出されたからには以後の公平を心から願います。

この犯人が、どのような人物であっても必ず逮捕されることを切に切に願い、早く盲導ロボットが一般的に出回るようになることを願ってやみません。
b0008217_2134287.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2014-09-08 21:15 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)
マスコミって言うのは手のひらを返すのは早いね~。

今度は一転して、「協会苦慮」の報道。

苦慮させたのはあなたたちでしょう。
お詫びもしないで、なんだいこれは!
抗議・苦情の電話をした人が悪いようだね。

先ず、まちがったことを伝えましたとお詫びしなければならないでしょうが。

ホントにすっきりしないよ。


「なんだかなぁ」を書き始めたら、ある画像が送られてきました。
それがこの画像です。
b0008217_16175812.jpg

この画像を見て、自分が思っていた傷の位置と違っていた。
そりゃそういうこともあります。

それで、何人かの人にオスカーが刺された場所はどこだと思うか聞いてみましたところ、、皆さん(と言っても、ほんの5、6人ですが)コートの下が刺されたところと言うところから、ちょっとめくって「お尻か腰のあたりを刺した」でした。

実は私もそう思っていたのですが、実際この画像がそうであれば、ちょっとめくってという場所ではないし、左手持ちで歩いていたら容易にさせる場所ではないと思います。
右手持ちなら、外側になるからすれ違いざまとか、追い越しざまにということもあるかと思いますが、これだけ上ならめくって刺したのではないと思いますから本当に鋭利なもので、それもユーザーに密着に近い状態で刺したのではないでしょうか。
めくって刺したなら、その気配がわからないはずはないでしょう。

そして、この場所だったら多少血が滲んでいてもわかりにくかったかもしれません。

1歩間違えればイヌもヒトも刺されたかもしれない、そういう事件だと思って警察はより真剣に捜査していただきたい。
[PR]
by yukiba20 | 2014-09-07 16:17 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(6)
マスコミ報道って何なんでしょうね。

今回のことだって、ずいぶん時間がたってから報道されたので、友達なんか7月28日のことではなく8月28日のことだと思っていたようです。

ネット上では事件直後から広まっていましたよね。
じゃぁ、なぜこんなタイムラグが生じたのでしょうか。

マスコミは障害者にかかわることを取り上げるときはとっても慎重です。
何故なら1歩間違えると人権問題に発展し障害者団体と世論を相手にしなくてはなりませんから。
だから、どんなに騒がれていても、ユーザーによる盲導犬虐待の時は知らんぷりしてたでしょ。

で、今回はなぜ取り上げたかというと、「一般人」が「盲導犬というけなげな犬」を傷つけたからです。
しかも、様子を見ているとネットで大きく問題になっているし、警察も動き出した。
1社が取り上げると、それじゃぁ乗り遅れないように、というのが当たらずと言えど遠からずではないのでしょうか。

だれも発言していない「痛みを耐える訓練をされている」という文言と共に。

これを読んだだけで、盲導犬のことは何も知らない、しかも調べもしないで書いたということが一目瞭然。
それって根拠は?出所は?って聞いたら答えられないでしょうね。

しかも、どこを見ても同じことしか書いていないし、同じことしかしゃべっていない。
まるで、お隣から回ってきた回覧板をそのまま伝えました、の伝言ゲームのように感じました。

すっきりしないったらありゃしない。

それで驚いたのは、他人事のように見ていた各盲導犬協会でしょうね。
だって、必ず苦情の電話がかかりますから、その対応に追われる。

私は、盲導犬が痛みに耐える訓練なんてされていると思いません。
もししていたら、それは虐待ですから、別の意味で問題にしなければなりませんよ。
まぁ、かなり厳しい訓練をする協会もあるそうですから、そこについては何とも言えませんが。

でも、普通の訓練所ではないですよ、痛みに耐える訓練なんて。
それ以前に鳴く子はキャリアチェンジになり家庭犬の道を歩きはじめますから。

じゃぁなぜそんなことが書かれたのか。
b0008217_17262159.jpg

私は、もう20年以上前に初期のころから盲導犬をパートナーとしている人に聞いた話の中でこう言うのがありました。

「初めのころは、交通機関も利用できないし、もちろんお店にも入れない。だから、私たちは、盲導犬というのはちゃんと訓練されていて吠えたり攻撃したりすることはありませんから、どうかご理解ください、とお願いして歩いたものよ」

この言葉の中の「訓練されていて吠えたり攻撃したりすることはありませんから」というのが独り歩きして、いつしか脚色創作されたのではないでしょうか。

マスコミ各社さん、あなた方の中途半端な報道の仕方で迷惑のかかる施設や人が出てくることを肝に銘じてください。

それからですね、ラジオを聴いていたらある協会の訓練士さんのお話が聞こえてきました。
その中に、今回の痛みに耐える訓練の話も出ましたが、中途半端な受け答えでしたね。

応えて言うには、「そんな訓練はしません。基本そのような訓練はしません、していません」。
最近の若い人の特徴、責任回避的な発言多いですが、これはいただけませんでしたよ。

これもなんだかすっきりしませんね。

関西人だったらこう突っ込みますよ。
「基本」ってなんやねん、ほなオプションやったら付けんのか?ってね。
[PR]
by yukiba20 | 2014-09-06 17:29 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(6)
全日本盲導犬使用者の会が、追随するように緊急声明をアップしました。

緊急というにはちょっと時間が…

これについて、拡散したいのでリンクとかブログで紹介してもらえないかとメールや電話をいただきました。

連絡をいただく前に、すでに読んでいましたが、すっきりしないところがあるので、個人的にいただいたものには丁寧にお断りし、不特定多数に送られたものは無視しました。

全文を読んで、本当にそうだと共感できる部分と、先に書きましたがすっきりしない部分があります。

共感できる部分は、読んだ方どなたもが共感できると思いました。
むしろ遅きに失した感があります。

すっきりしないなぁというのは、

「動物の愛護及び管理に関する法律第44条」の厳格な適用を求める
とか
「物」として扱われてしまうことに、やり場のない思いを感じている
とか
ユーザーから精一杯の愛情と良質な飼育環境を与えられ
とかの文言を見たときに感じたのです。

何故感じたのかというと

ユーザーが起こした盲導犬虐待事件の時、ある機関では「盲導犬は愛護動物ではないから適用は難しい」と言われ、また「盲導犬は愛護動物ではない」と言ったユーザーが何人もいたから。

口では「物ではない」といいながら、物扱いしているユーザーがたくさんいる。
だって「盲導犬は愛護動物ではない」と言った段階で、じゃぁなに扱いなの?って言う感じですよ。
病気になっても、「使い慣れた」犬だからと引退させなかった、ウンチやおしっこをするからとフードや水を与えないユーザーもいた、などなど。

精一杯の愛情と良質な飼育環境を与えているユーザーはもちろんたくさんいますがそうでないユーザーも少なくない。

この文言を考えられた方々は、そのようにいつくしんでいらっしゃるのでしょう。

でも、その方たちもユーザーが虐待していたことについては、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず沈黙していました。

だから、あまりにも白々しい。
というか、この虐待がユーザー以外のものから受けたからこの反応なんですよね。

だからすっきりしない。

すっきりできるように是非お願いします。
「動物の愛護及び管理に関する法律第44条」の厳格な適用と、「物」として扱われてしまうことにやり場のない思いを感じ、ユーザーから精一杯の愛情と良質な飼育環境を与えてやってください。

盲導犬は命あるものなのです。
b0008217_2312668.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2014-09-05 23:15 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)
盲導犬にけがをさせたやつの目撃者もかなり出てきたようだし、もしかしたら犯人かも?という人間もいるらしい。

盲導犬に悪さをするやつらは、見逃さずに捕まえてちゃんと罰を与えてほしい。
これは絶対に願うことです。

で、何がすっきりしないかというと、警察に。

盲導犬に対する傷害行為は今に始まったわけではないです。
それは、今回のことで噴き出したからおわかりだと思うのですが、実際に警察が動くことはほとんどないのです。

何故なら、見えない人に、犯人の特徴や襲われた場所、その他が把握できないから。

実際に、私、殴られた盲導犬とそのユーザーに頼まれて交番についていきましたから良くわかっています。

その時の大まかなやり取りです。

警:で、何で殴られたの?
ユーザー:見えないからわかりません。でも手ではなかったと思います。
警:何で殴られたかわからないとね~…、で、どこで?
ユーザー:○○駅へ行く途中です。
警:なんか目標になるものは?
ユーザー:目が見えないからわかりません。

こんな会話が延々と続いて

警:何もわからなければどうしようもないなぁ。
私:どうしようもないから放置なんですか。もしこれがストーカー行為などに発展したら大変でしょう。そしたら、私、何月何日何時にどこそこの交番に行って訴えたのですが、どうしようもないと放置されましたって訴えますよ。
警:じゃぁ、家から駅までの間のパトロールを強化します。

で、お終い。

私は現場にいたわけでなく、翌日、交番に連れて行ってほしいと言われただけなのでフォローのしようがなかった。

でも、今回のことは、事件が起こってからかなり時間がたってでしたが動き出した。

何故なら、ネットで騒ぎだしたから。
ネットで騒ぎだし、かなり遅れてだけどマスコミが取り上げ、警察が知らん顔ができなくなったのでしょう。

難癖つけて、できることなら面倒なことはしたくない警察も世論にはかてない、だったね。

これも、騒ぎが起こらなければ泣き寝入りだったね。

ね、何だかすっきりしないでしょ034.gif

犯人逮捕までがんばれよ!警察さん


ところで、このタイトルにナンバーを付けました。
なんでかなぁ041.gif
b0008217_20173386.jpg

そうそう、誹謗中傷や関係のないコメントの書き込みなど不適切だなぁと思うものは断りなく削除しますのでよろしく。

もうひとつ、このブログは時々チェックが入っているようなのでコメントを書くときはご注意くださいね。
[PR]
by yukiba20 | 2014-09-03 20:23 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(14)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん