<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

苦しい状態が続くと、海と思うように遠距離散歩に行けない。
本当は、散歩中だけが苦しくなかったのですが、もしここで何か起きたらという不安の方が先に立って気がつきませんでした。

なぜ気づかなかったのか?

それは、私の思いこみでした。

代々の犬たちはたくましくって一方的に頼っていましたが、海は小柄で甘えん坊。
なので、「私が守ってやらなくっちゃ」と思っていました。
だから、思うように楽しませてやることができないのではないか、守ってやれないのではないかと思ってしまったのです。

ある日、TIKILOVE母さんにトマトのことでメールしたときに、「海がかわいそうで」と書いたら、「海を可哀そうに思わないでね。ごめんねもいらないと思う。傍にいるだけで幸せなんだから」ってお返事が届きました。
読みながら涙が止まりませんでした。
そうなんだ、可哀そうに思わないで頼ればいいんだって…

それからは頼りっぱなし。
海はいつもと違ってなんだか変だってわかってる。
だからなのか、教えもしないのにベンチのあるところに来ると「ここでお休みしよう♪」って必ず誘ってくれます。
b0008217_15542272.jpg

せっかくだから、ゆっくり休憩。
b0008217_15544939.jpg

海との散歩の時間がとても気持ちが良い。
でかける時はちょっとしんどくても、日の光を浴びて風を感じて時間をたっぷりとって歩いているとすっかり忘れてる。

海は小さいけれど大きいです。
[PR]
by yukiba20 | 2016-03-28 15:56 | ただの愛犬家 | Comments(4)
あの日から5年が経ちました。
同じ大震災を経験した阪神淡路に比べてなんと復興の遅いことか。

原発事故や範囲が広大すぎると言うのもありますがそれだけでしょうか。

巨額な義捐金は本当に東北に使われているのでしょうか。

そうじゃないですよね。
全然関係のない地方にも多くの「義捐金」が使われてしまいました。

東北のごみを燃やしますから、と、ごみ処理場を作るのにお金を使ったけれど、だたの1回も東北のごみを処理したことのないごみ処理場を作ったとか、東北へ資材を運ぶからと道路を作って、運んだのを見たことがないとか、あほな国家のばらまきのような気がしてなりません。

そんな無駄遣いのなか、学生を対象に息の長い支援をしているところを知っていますか。

みちのく未来基金

東日本大震災の遺児たちが金銭面で進路を断念しなくてもよいようにと、2011年に「カゴメ」「カルビー」「ロート製薬」の3社が合同で立ち上げた基金です。
その後、「エバラ食品」も加わりました。

対象は、大学・短大・専門学校に合格した遺児たちです。
上限300万円で、なんと返済不要!

しかも25年間続けると宣言しているそうな。

何故なら、「震災前に生まれた最後の遺児が大学を卒業するまで支援し続けたいから」なのだそうです。

最近の日本、国家はどないになるのかと心配で、議員は役人は私腹を肥やすことしか考えてへん。

けれど、民間は捨てたもんやないですね。
多くの企業や個人がサポートしているそうです。

私もやっと安心して応援できるところが見つかりました。

今年からは、税の控除もあるそうです。

一見の価値ありだと思いませんか。

みちのく未来基金
[PR]
by yukiba20 | 2016-03-11 20:23 | ただの愛犬家 | Comments(4)

怖いストレスⅡ(薬)

最初に処方されたのが「抗不安薬(ソラナックス)」と言われるもの。
苦しい時に、と頓服としての処方。

苦しい時に飲みましたら、15、6分くらいで楽になり始めました。
さすが頓服。

処方されていた分がなくなり、様態はあまり変わらないので、再度病院へ。
当日も息苦しさがあり血圧・心電図をとってもらいましたが心拍数がやや多いくらいで異常なし。
その前に総合病院で受けてきた心臓の検査、心臓超音波、トレッドミル負荷心電図、ホルター心電図は、数度の期外収縮はあるもの特筆すべき異常なし。

その結果、かなりのストレスと疲労から来る「軽いうつ状態」と言うことで、今度は最低量の抗うつ剤(サインバルタ)が1日1回が処方されました。

その、最低量と言われた抗うつ剤が私の体には大きな負担で、服用後数時間で血圧の急上昇、頭痛、動悸、全身のふるえ、ものすごい寒気におそわれ心臓の検査を受けた病院へ救急搬送されました。005.gif
服用した薬は一般的に多く使われている物で特殊なものではないと言われましたが即中止の指示。

薬の効果が切れ始めると落ち着いてきたので入院することもなく帰ってきました。

オットットはかなりビビったらしく、息子たちに電話しまくり、驚いて連絡してきた息子たちに私の方が驚いて、オットットを叱っちゃいました。022.gif
「私が死んだら連絡して。伝えたいことはすでに伝えてあるからそれまではしなくっていいんだから。」

日頃偉そうなこと言っていても男はだめね~。002.gif
息子たちは「うちはおかんの方が肝っ玉すわっとるからなぁ」と笑っていました。

私の弱点は海のことだけですから。041.gif


この手の薬は、20数年前もオットットが原因で(この時も自分のせいとは思っていない)長期服用した経験から、止める時の辛さも知っているから嫌なんだけど、しかたがないね。
止める時に離脱症状というのがあってこれがまた辛いんです。
この時、苦しい中でも(ヤク中というのはこういう風に止められなくなるんだろうなぁ)なんて漠然と思っていました。037.gif
離脱症状が治まるのも含めて3年くらい苦しみました。
この時は、ある事情があって恐怖というのもあったのですが、抜け出せたのは3代目のワンコのおかげでした。

離脱症状で苦しんだ時は京都にいましたので、毎日毎日リョウスケと桂川の畔で過ごしたものです。
3代目は強かった。
いろいろなものを蹴散らしてくれました。
b0008217_21222351.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2016-03-06 21:25 | 私事 | Comments(4)

怖いストレスⅠ

犬ブログなのにちょいとわたくし事を…

ここひと月くらい体調に波があってイマイチだったのですが、それが顕著に出てきたのでアチコチ点検してもらっていました。002.gif

動悸がする。
頭痛がする。
時には立っていられないくらい。
一番大きな症状が狭心症のような症状。
これは辛いです。
で、病院へ行きました。

症状が出ている時でないと分かりにくいのがこの手の病い。
いろいろな検査をしました。
最終的な結果は来週になるのですが、今の段階ではおそらく「ストレス」から来る「心臓神経症」だろうと言われています。
この病で死ぬことはないそうですが辛い。

「何か心配ごとでもありますか?」
と聞かれましたが、心配事はありません。
でもストレスの原因には大いに心当たりがあります。

そう、濡れ落ち葉化したオットット。
このオットットは透析患者でガン患者。
だから濡れ落ち葉になっていても、じっと我慢してました。

退職後、自分の部屋がほしいと言っていたオットットには、2階に6畳二間を自由に使えるように、ベッドはもちろん、テレビもエアコンもファンヒーター(この方が暖かいそうなので)も入れました。

いろいろと雑用がある私は1階を専有部分としています。
ボチボチしていた仕事はストレス解消になっていましたが、視界にはいつもオットットが入っています。
そうなんですよ~、自室で暮らさない。007.gif022.gif

で、オットットに話してお願いしました。
「ストレスでなっているみたいなので、父さんはできるだけ2階で暮らしてね」

「わかった」と言って暮らしてくれたのはたった1日だけ。(その1日は楽でした。)

おまけに、ボケ老人のごとく、日々夜中の3時ごろからドタバタと何やら騒がしい。
寝不足からのストレス。

「夜中に何してるん?」
「ちょっと片づけものを」
「夜中にドタバタ作業をするのは止めて」
「なんで?」
「眠れなくてそれがストレスになるから」
「寝とればいいぞ」

なんなんだよ~~~!!!
なぜだよ~~~~!!!!!

もしかしたら、認知症か?
それとも、それとな~く言ったので自分が原因とは思っていない?

少し落ち着いてきましたが、一時は海を手放さなければならなくなるかもと…。
まぁ、そう思うとまたストレスなんですけどね。

「主人在宅ストレス症候群」というのらしいですわ。
b0008217_12545075.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2016-03-01 13:01 | 私事 | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん